上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
PTAほど組織が普及しているのもにも関わらず、その活動があいまいな団体も珍しいと思う。
いったい何のために存在しているのか、ちょっと考えれば誰にでも分かりそうなものだが、それを考える事すら全体としては省略されているのが現状ではないのか。

PTA会費だけ払っとけば会員としての役割を果たしたことになるんでしょうか? 執行部としては、ある意味ありがたいですけどね、『金は払うが口は出さない』保護者は! 自分が払ったPTA会費の使い道を無条件で他人に委ねるなんて、僕は真っ平ごめんですけどね。世の中には心の広い人が多いものです。

僕にも難しいことは分かりませんが、結局PTAって子供たちのためにあるんでしょ? だったら活動の本質って子どもたちの中に答えがあるんじゃないですか。時々「PTA活動に時間をとられて逆に子どもと接する時間が減って、本末転倒だ」って話を聞きますが、それってどうかなぁと思います。PTAを通していろんな知識を得た上で接する子どもとの時間はより深いものとなる気がします。ただ時間だけダラダラと長けりゃいいってモノでもないと思うんですよ。
PTAが無かったら、様々な学習機会も尊敬できる先生や保護者の方々との出会いもなかったでしょう。そうしたら僕は今以上にダメ親父だったでしょうね。

PTAの理想と現実が乖離しているということは、それだけやりがいのある活動だとも言えます。一歩足を踏み出せば、元気をくれる素敵な仲間もいます。嫌な思いをすることも時々ありますけどね。文句だけは一人前で人の足を引っ張る奴とかね。。 (僕もそうとうな文句言いなので、お前が言うな!って言われそうですけどね(^^ゞ
でも得るものの方が多いですから、そういった意味ではPTAって無限大の可能性を秘めていて楽しいなと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.01.09 Sat l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/81-fbd638d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。