上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とき:平成21年11月7日(土)
ところ:くにびきメッセ
出席者数:およそ2000名超、西伯郡中P連より8名動員(その内、溝中より会長・副会長4名)

昨年は岡山県笠岡市で開催された中国ブロックの研究大会ですが、本年は島根県松江市で開かれました。
大会テーマは『親子で語ろう「生きる力」~今、夢をふくらませて~』となっております。
日程の方は午前中に8つのテーマで分科会を開催。午後に記念講演というスケジュールでした。

分科会の各テーマです。
 第1分科会:PTA活動のあり方について~まつり気分で全員参加~
 第2分科会:いじめについて‘心のカベはどうなった’~実は私しっぽがあります~
 第3分科会:食育について‘いただきます’~親としてすべきことは~
 第4分科会:子どもとメディアの関係について~メディアから心と体をときはなて~
 第5分科会:学力向上~早寝・早起き・朝ごはん 家庭学習~
 第6分科会:親力の向上をめざして~子どもと一緒に成長していこう~
 第7分科会:子どもの安全~携帯電話と子どもの関わりから~
 第8分科会:放課後の活動について~子どもに学び、子どもを育てる~

昨年の大会では分科会ではなくパネルディスカッションが行われました。分科会を設けるのは中ブロの研究大会では新しい試みのようです。準備に多大な手間の掛かる分科会をチョイスされた島根県の皆さんには高い志を感じます。
私た溝中の4名は参加する分科会の選択で揃って第5分科会を選び、興味の方向が一緒なことに苦笑いしました(^^ゞ


《第5分科会:学力向上~早寝・早起き・朝ごはん 家庭学習~》

どうやら分科会は市内の中学校区毎にチームを組んで運営されているようです。
助言者の先生からは、「学力とは突詰めれば、生きることにどう向きあうかという事」と、哲学的な難しいお話もありましたが、総じて家庭の理想像とは程遠い子どもたちの生活習慣をどう軌道修正するかというお話だったかと思います。


記念講演『日本人としてかく生きたい』~手間ひまに心の豊かさを~ 
                           共立女子大学名誉教授 木村治美


講師の先生は1987年まで臨時教育審議会(臨教審)の委員を勤められておられ、教育基本法と社会の有り様の変遷についてお話されました。また、「親になるにも学ぶ必要がある」との指摘には、正にPTAがその役割を担う責任があると感じました。

来年はいよいよ鳥取よなご大会がビッグシップで開催されます。記念講演では登山家の野口健氏をお呼びすることが決定しております。地元での開催ですので、皆さんのご協力を宜しくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト
2009.11.12 Thu l 日P l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/58-5da3bf63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。