上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とき:平成21年7月16日(木)
ところ:米子市公会堂

県Pの常置委員会のひとつである教育問題委員会が開催されました。今年も西部地区選出の理事団によってメンバーが構成されています。前回の県P理事会の後に軽く打ち合わせをしましたので、今回は第2回となっていますが、実質的には初めての委員会と言っていいと思います。

①県P広報紙第62号の編集担当について

 今年度末に発行予定の広報紙が西部ブロック(教育問題委員会)の担当となっております。編集責任者に境港中P連選出理事さんにお願いすることに決まりました。
 編集委員は各P連から1名づつ選任することになっています。西伯中P連からは私が出ます。

②教育懇談会について

 昨年度の開催内容を紹介していただき、今年度の内容について協議しました。昨年は県教委・県P理事・県P評議員(総勢55名)の参加の元、四つの分科会で討議するスタイルで開催された模様です。今年度もおおむね前年と同様のスケジュールで開催する方向で進みそうです。次回の委員会で詰めていく予定です。

③県Pの会費値上げ問題について

 平成23年度からの日P会費値上げが決まり、また県Pも特別会計が来年から大幅に減収する見込みであることから、会費の値上げが避けられない状況であります。今回は県P事務局が作成した資料を基に協議しました。ちなみに現在の会費は児童生徒一人当たり80円+各連合会5000円です。単純に現在の会計規模を維持しようとすると、不足分を補うために児童生徒一人当たり40円程度の値上げが必要となります。私の方からは、負担増を各ブロックや単Pにすべて押し付けるのは会員の理解が得られない。県Pも痛みを分かち合うべきであり、全ての情報を公開し硬直した会計にメスを入れるべきだとの考えを表明しておきました。継続協議中。

④常置委員会の配置割について

 現在、固定化している常置委員会の配置について、現状のままいくのかローテーションを組んで流動化させるのか、あるいは別の手段をとるのか、協議しました。継続協議中。

⑤中ブロ米子大会のPR隊について

 今年の松江大会において、次回開催の米子大会のPRをすることについて確認しました。実行委員は各ブロックから選出される大会参加者の一員に入り、現地で集合してPR活動を行うことになりました。
スポンサーサイト
2009.07.21 Tue l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/52-6e8dbcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。