上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 一人の人間の力は極めて小さい。

  しかし、一人の人間の与える影響は極めて大きい。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

◆「命の授業」 腰塚勇人氏◆

   と き:平成23年9月4日(日)午後1時30分~4時
   ところ:米子市文化ホール
   主 催:ビリーヴ2005 夢はぐプロジェクト

 前日の台風通過に伴う混乱の中で行われた講演会。中学校の体育の先生が得意なスキーでの事故をきっかけに、人生が大きく変わるなか、自分の命があらゆるものに助けられ、生かされていることに気づき、障害を抱えながら感謝とともに生きておられます。命とは? 生きるとは? 自身の体験から熱く熱く語られる言葉からは、魂がほとばしるようなエネルギーを感じます。

 *ふだんの生き方が大事なんだ。何かあった時、それまでの生き方が出るんだ。
 *自分の命が喜ぶ生き方をしよう。
 *命は時間、時間は今。
 *ペイフォワード 喜びや感動、幸せや感謝の分かち合い、伝えあい。

 講演の冒頭、3つの質問をされました。今、失ったら絶対に困るものはなんですか? それを失ったらどんな感情を抱きますか? しかしその大切なものはまだ手元にあります。もう一度見つめなおしたとき、何を感じますか?
 この問いから、幸せであることに慣れすぎていて、大切なことを忘れかけている自分に気づきました。また、困ったことがあったら、助けを求めたっていいってこと。あらゆることに感謝すること。自分も誰かを照らす照らす存在であることなど教えていただきました。

 腰塚さんのように、「たくましく生きよう。やさしく生きよう。感謝して生きよう。」そんなことを考えた講演でした。


 

腰塚勇人さんHP:http://www.inochi-jyugyo.com/index.html

スポンサーサイト
2011.09.05 Mon l 勉強会 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/308-7f4fb608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。