上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

◆第61回全国高等学校PTA連合大会北海道大会◆

   と き(全日程):平成23年8月24日(水)~27日(土)
   とき(大会日程):平成23年8月25日(木)~26日(金)
   と  こ  ろ :札幌市
   参  加  者 :1万人以上

 高Pの全国大会にS校より4名参加しました。ところは札幌。大会終了後には旭山動物園へのオプショナルツアー付きです! しっかり学んでしっかりPTAで実践する覚悟です。初日は早朝から飛行機を乗り継いでお昼には札幌入り。午後は市内観光しました。サッポロビール博物館のお姉さんがとっても美人で、丁寧な案内と説明をして下さいました(^^ゞ

 日程二日目は大会初日。午前中は香山リカさんの基調講演『生きる力をつける処方箋』 たとえ子どもが家庭でだらしなかったり反抗しても、親の前で素直な自分を出せるだけいいんだそうです。それだけ親の前でも素直に生れない、ストレスのはけ口の見つけられない子どもが少なくないということなんでしょうね。子どもを丸ごと受け止めるために、親も余裕と自信が必要とのメッセージを頂きました。
 午後は会場を分けて分科会。僕はわがままを言って一人だけ別の分科会に参加させていただきました。特別第2分科会「産業教育とPTA~モノづくり・人づくり~」です。講師は植松電機の植松勉さん。最近、植松さんの講演のダイジェストDVDを観る機会があって、その時から会いたくてしょうがなかった方なのですが、これもご縁なんでしょうね、あっさりと希望が叶ってしまいました。

 *「どーせ無理!」から「だったらこうしてみたら」
 *あきらめた人は伝説にならない。あきらめない生き方をコピーしよう。
 *思うは招く
 *勉強も仕事も夢を叶えるための手段
 *人は足りないから助け合う

マシンガンのように止まることのないお話。ときに笑いを、ときに涙を誘う感動の講演でした。それも、会場でPTAのおやじ連中が涙を流すほどの! 働くとは?学問とは?夢とは?生きるとは?そんな問いかけに、これまで聞いたことも考えたこともない答えを提供して下さった植松さん、最高でした。

 大会二日目は前旭山動物園園長・小菅正夫氏の記念講演『命をつなぐ!!』です。行動展示など独創的な手法で旭山動物園を日本一にした小菅さん。動物園のエピソードを交えて、命の神秘とたくましさを教えていただきました。

日程最終日は旭山動物園へ。移動に時間がかかるため動物園での滞在時間は3時間。とても全てを観て回ることなどできません。人気の高いペンギン館、ホッキョクグマ館、あざらし館を中心に飼育員さんの解説を聴きながら、動物たちの生き生きとした姿を堪能しました。また、飼育員さんの手書き展示パネルが半端なく素晴らしくて、ちょっとしか見れなかったのですが、動物たちの生態から環境問題など深い視点で提言されていたりしていたのが興味深かったです。

 同行したメンバー4名の絆も深まりましたし、これからのPTA活動や親子支援に役立てたいと思います。

スポンサーサイト
2011.08.31 Wed l S高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/307-f9496d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。