上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
全国学力テストの成績を公開するかどうかの問題で、赤井郡P会長(南部中)より意見を求められたことは7月25日にアップした記事の通りです。

その後、赤井会長は各単P会長の意見を集約し、29日に開かれた県教委との意見交換会に臨まれたようです。どうやら賛成と反対の両意見あったようで、あえてどちらかの意見にまとめず、両方の意見とその理由を述べるとおっしゃっていました。

私は熟慮の上、「賛成」の意見と次の理由を伝えました。
「テストの結果を公開することは、保護者も教育現場の実態に関心を持ち、子どもたちの更なる教育環境の充実を図るために必要と考えます。保護者と教師の間で、じゃっかんの混乱が生じる可能性もありますが、それこそPTAが主体的な役割を果たし乗り切れれば、学校-家庭-子ども達のあいだの絆がいっそう深まり、教育的効果が波及的に広がる可能性も考えられます。情報は隠すのではなく広く公開して、多様な考えを尊重しつつも、子ども達のために良い方向へ導くのが教育に携わる者と保護者の務めではないでしょうか。」

本日の日本海新聞にも意見交換会の事が記事に取り上げられていました。
今後、どのような結論に至るのか不透明ですが、賛成か反対か、めいめいが考えてみるのも間接的なPTA活動と言えるのかもしれません。

賛成・反対、あなたはどっちですか?

Net 日本海:http://www.nnn.co.jp/news/080730/20080730005.html
スポンサーサイト
2008.07.30 Wed l 郡P l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.02 Sat l . l 編集
No title
>一保護者さん

コメントいただき、ありがとうございます。
拙いブログですが、反応があるとうれしいものです(^^ゞ

この全国学力テストの結果公開問題は、個々の子どもたちの成績を公開するというものではなく、各学校ごとの平均点を公開するかしないかということで賛否があると私は理解しています。(私の認識に過ちがございましたらご指摘ください。)

基礎学力について全国一斉に調査された結果について、保護者は一切の情報を知らされることのない現状はもったいないと私は思います。
また、情報を公開することによって学力偏重主義が横行するのでは?という危惧も一部にはあり、難しい問題ではあります。

3年生になると毎月学力テストがありますので、1年生にまで遡っての復習は欠かせませんよね。
うちの子もこれまではサッパリでしたが、最近はじょじょに頑張っているようです。
親が「勉強しろ!」と言ったって逆効果でしょうし、見守ってやることしかできないのはもどかしいですね。。。
2008.08.02 Sat l かいちょ~♪. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/30-42591197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。