上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とき:平成20年6月28日(金)
ところ:県立武道館
主催:鳥取県教育委員会
本校出席者:会長

毎年、県内3地区に分かれて県の教育委員会が主催するPTAの指導者研修会に参加しました。
参加対象は小学校から高等学校までのPTA役員、各校1名となっております。
内容は講演と分科会(テーマ別研修)。

講演は大山町人権交流センター所長 山根浩氏による、演題「ともに学び、ともに行動するPTA活動を目指して」でした。山根先生の講演は数年前に小学校のPTAでお話を拝聴した以来になりますが、何度聴いても説得力があり、元気が出てくるお話でした。
講演の冒頭、『教育に手遅れはない』と話を切り出され、子供たちを取り囲む、家庭・学校・社会の様々な問題点をあげられました。周りのやる気で、子どもはいくらでも伸び伸びと育つという話は、子を持つ親として大変に有意義でした。
本校でも機会があれば、ぜひお呼びしたい先生です。

分科会は第1分科会「学校を支えていこう!親の力で・・・。」に参加しましたが、特にテーマは関係なく進行しました(汗)
「子どもが遠足にブランド物の水筒を持っていき、無記名だったので先生がマジックで名前を書きました。親は、後でオークションで売るつもりだったのに、勝手に名前を書かれて売れなくなった。責任を取れ!と学校にクレームを言いました。」
このような例題をグループごとに話し合い、どう解決に導くのか。また、PTAはどう関わりあえばいいのかを探りました。
こういう考える作業は、新米PTA役員として日頃から考えることばかり強要される立場としては苦痛なだけなのですが、学年Pあたりで用いるのは面白そうです。
スポンサーサイト
2008.07.13 Sun l あて職・関連団体 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/25-40b7214c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。