上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 “一人でやったって何も変わらない”って言うけど、じゃあ坂本龍馬って何人いたっけ?

   ブログランキング・にほんブログ村へ

◆平成23年度 W高PTA第1回役員会◆

  と き:平成23年4月21日(木)18:30~
  ところ:クスクス
  参加者21名くらい

 PTA総会の開催に向け、平成22年度決算と、平成23年度の事業計画と予算案他について協議しました。新年度は会長さんが変わられますし、専門部の部長も私以外はみんな交代されますので、フレッシュな体制でスタートしそうです。懇談のなかで、「W高PTAは執行部と専門部の繋がりが弱く、専門部間の横の連携もない。この縦と横の結びつきを強くする十文字の組織力アップを図るべき!」と三役さんに訴えたところ、さっそく「やりましょう!!」と計画を立てていただきました。これです! このフットワークの良さこそ、新年度のW高PTAの可能性を予感させてくれます。僕の言葉に耳を傾け、想いを汲み、組織の活性化に生かしてくれる役員さんの懐の広さに感動しました。今年は人権教育部・教養部・広報部・研修部が相互に活動を支え合い、役員さん方がPTA全体を束ね、成果を高める取り組みができそうです。なんだかとても爽やかな気持ちに包まれた会議になりました。

 懇親会の中では、昨年度の私たち人権教育部の取り組みを高く評価して、たくさんの声を掛けていただきました。みなさん、「人権部は部長さんが素晴らしい」と言って下さいますが、それは事実ではありません。僕の方が部員の皆さんに元気をいただいて、それをエネルギーに楽しく活動しているだけなのです。その部員さんは部員さんで、「じゃんけんに負けて仕方なく人権部へ…」なんておっしゃる方が多いのですが、人間やる気になると尋常じゃない力を発揮するのだと思い知らされます。我々人権部の『楽しく集い、意欲的に学ぶ』スタイルは、義務と負担でがんじがらめになったPTAから脱却した、本来のあるべきPTAのスタイルだと思います。PTA活動がまるで罰ゲームのように語られる状況を打破したかったという思いはありましたけどね。

 部員さんの部会や行事への参加率と満足度の高さは他の専門部を圧倒していると自負しています。部会や懇親会では皆さんが笑顔で集い、先生を交えて子どもたちのことを延々と談笑しています。行事についても自発的に色んな提案があり、気がつくと凄いボリュームになってしまいました。それぞれが想いを語り、みんなで共有できる温かい雰囲気があります。一人一人の想いを積み重ねて、人権部は大きく成長しました。新年度はいったいどこまで成長するのか見当もつきませんが、“敷居は低く、志は高く”の精神で、再びのんびりと進んでいきたいと思います。皆様のご協力の程、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
2011.04.22 Fri l W高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/231-217a329d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。