上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ネットサーフィンしてて見つけた『教育の窓・ある退職校長の想い』というtoshiさんのブログのエントリー「ひらかれたPTA」。そこには9年前、僕がPTAに入会したときに考えた理想的なPTAが実現していた。PTAの活動は、やりたい人が、やりたい事を、やりたいだけやる。マンネリとは無縁で意欲的なPTAの姿だ。
 
 僕と同じことを考え、それが既に組織として起動しているとは驚いた。僕の役員会での発言が完全にスルーされ、面倒くさい奴扱いされたのとは大違いだ。この記事を読んで、「そう言えば、僕もこんなことをやりたかったんだな~」と感慨深い。未だに現在のPTAの有り様には違和感が拭えないので、当時のスピリットは失われてはいないと思うけど、それを貫き通すのに疲れ果てた。日本のどこかに同志がいると分かっただけで幸せだ。今夜は祝杯をあげよう♪

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.03.02 Tue l PTA l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

TB,ありがとうございました。
はじめまして。
『教育の窓・ある退職校長の想い』のtoshiです。
このたびは、TBしていただくとともに、こんなにも過分な評価をいただき、感謝しています。この記事に書いたことは、もう13年前のことです。
 なお、せっかくTBしていただいたものですから、同記事の末尾に、『わたしの考えるPTAの未来像』をリンクさせていただきました。
 合わせてよろしくお願いします。

2010.03.02 Tue l toshi. URL l 編集
>toshiさん
こんにちは!
こちらこそTBを受け入れていただいた上に、丁重なコメントまでいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

可愛い子どもたちを育てるために、家庭で親は楽しみながらも一生懸命なはずですが、それがPTAという組織になると、何かと制約が多くて笑顔で活動できない閉塞感漂う実態に疑問を感じています。
先生のブログを拝見しまして、そんな疑問や不満を吹き飛ばす実践があることを知り、大変に勇気付けられました。
これからも引き続き参考にさせて下さい。
2010.03.02 Tue l アキ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizoguchipta.blog46.fc2.com/tb.php/108-debe7dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。