上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 人間は、自らが望む未来の大きさに合わせて、成長する。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

◆第36回 米子市人権・同和教育研究集会◆

  と き:平成23年1月27日(木)9:20~16:30
  ところ:米子コンベンションセンター、米子市文化ホール

W高への動員要請3名に対し、人権部より私を含めて2名参加いたしました。自分は米子市民ではないので、今回が初めての参加になります。
江嶋修作さんの講演はユニークでしたね。人権の国際比較という視点は斬新でした。差別は世界中にあるが、それを許さないという世論形成が弱いのが日本。世界では差別は犯罪と同じであるなど、人権と道徳は別であるという視点も興味深かったです。
午後の分科会はPTAのクラスをチョイス。最後に研究推進員さんの発言された「年々、ここに参加されるPTAの皆さんの顔が疲れてきているような気がする」との発言が一番印象的でした。確かに雰囲気あまり良くなかったですね。ただし僕の顔色が悪かったのは、病み上がりだったからなんですけどね~!

スポンサーサイト
2011.01.30 Sun l W高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
 周囲と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

◆伯耆町学校統合実施計画(案)説明会◆

  と き:平成23年1月26日(水)19:30~
  ところ:小学校
  参加者:23名(行政11名、学校5名、保護者7名)

 昨年8月に決定した「町学校統合実施計画」。“学校統合に係わる校区説明会”(9月)と“タウンミーティング”(11月)をへて、町教育委員会は12月にはこの「伯耆町学校統合実施計画(案)」を取りまとめられたようだ。
 本小学校の保護者は、既に学校統合やむなしという方向で合意形成ができつつあり、行政サイドとの大きな対立点は解消されているので、今回の会議は前回までとはうって変わって穏やかに進んだ。
 廃止校から存続校へのスムーズな受け入れ態勢の整備が子ども達に対してだけでなく、保護者に対しても十分な情報公開が求められていると思う。親も子も、安心して新しいシステムを受け入れられるように環境整備を進めなくてはならない。
2011.01.29 Sat l 学校教育専門委員会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 人生に絶対確実なんてありえない。 ただ、チャンスがあるだけだ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

◆第7回ワクワク人権講座『命を繋ぐ医療とは』◆

  と き:平成23年1月21日(金)
  ところ:米子中央隣保館
  講 師:永栄 幸子さん(県臓器移植コーディネーター)

 年始のご挨拶とお願い事の相談を兼ね、いつもお世話になっている坂田さんを訪ねた。お願い事はあっさりとOKをいただいた! その他にも色々と情報をいただく。相変わらずアクティブな方である。彼女には今年もたくさんお世話になることでしょう♪ しかも、ここでちょうど今日も人権イベントがあるという! なんという偶然!! 深い縁を感じざるを得ない。今年も彼女からたくさん学びなさいという神様からのメッセージに違いあるまい☆

 ということで、臓器移植に関する講演を聴いてきました。ちなみに私、臓器提供意思カードを持っておりません。カードを持つことや、自分が脳死になることを想像することさえも怖い気がして、なんとなく遠ざけてきたというのが実態です。私のように感じてきた人はきっと少なくないと思うのですが、今回のお話は大変に勉強になりました。特に、『脳死と植物人間は違う』という点と、『臓器を提供したいという気持ちと提供したくないという気持ち、臓器をもらいたいという気持ちともらいたくないという気持ち、いずれもが尊重される』というお話が印象的でした。人の生と死の間に生じる臓器移植という問題は、人権の本質を突いているようにも思えます。一度、家族でよく話し合ってみることが大切なことだと感じます。

 図書館から借りてきた水嶋ヒロの処女作『KAGEROU』を数日前に読み終えたタイミングで聴いた今日の臓器移植のお話。「命・心・身体」について考えるきっかけとなりました。
2011.01.22 Sat l 勉強会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 自分の内に安らぎを見出せない者が、それを外に求めても無駄である。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

◆第5回 W高PTA人権教育部会◆

  と き:平成23年1月18日(火)
  ところ:本校小会議室
  参加者:9名

 新年最初にして今年度最後の部会になる予定です。だいたい二か月に一回のペースでの開催になりますね。今回は今年度の反省と感想を語り合うとともに、人権部広報紙“みはるかせ”年度最終号の企画会議を行いました。降り積もった雪の影響か、いつもより若干参加者が少なくて寂しい会になりましたが、みなさん熱い感想を語っていただきました。
“みはるかせ”最終号もボリュームアップしてお届けできそうな感じ! こうご期待!!

 あと、次年度の部長選考の提案をして、対応を1年団にお任せすることとなりました。来年・再来年のことを考えれば、次のリーダー育成は欠かせない課題だと考えての提案です。決して部長の責任を投げ出すつもりはございませんので、意を汲んでいただければ幸いです
 
2011.01.22 Sat l W高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。