上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
  心配ごとの98%は、取り越し苦労だ。
  
  ブログランキング・にほんブログ村へ


 Amazonでの取り扱いがないので自費出版された本なのかもしれませんね。竹内昌彦氏の「あの日、あの時」という本です。
竹内さんは子供のころに視力を失われ、その後に学校の先生になられた半生を記された一冊です。この竹内さんの講演を聴かれたS高PTAの副会長さんが感銘を受けられ、講演後に買われた本を「お勧めだから読んでみて!」と、お借りしました。
障害と闘うというような悲壮感は、この本からは感じられません。淡々と語られる半生記からは、装飾されない真実の姿が克明に浮かび上がってくるようです。
「障害者問題に多数決の原理は当てはまらない。温かい家庭の集合体が社会であり、誰もが安心して暮らせる社会の実現が本当の福祉といえるのではないか。」という主張に共感いたしました。

スポンサーサイト
2010.08.31 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
  あなたがそう考え、受け入れない限り、
   他人の言葉は、あなたを傷つけません。
 
    ブログランキング・にほんブログ村へ


 地元の図書館から「ご予約の本が入りました」と連絡があり、受け取ってきたのがこの本です。もうすっかり予約していたことも忘れていましたが、きっとどこかで書評でも読んだのでしょう、ケイタイのメモ帳にこの本の名が残っていました。
 お坊さんらしく、「頭で考えすぎないで、五感を使おう。心穏やかに過ごせます。」と優しく解りやすく説いてくれます。ストレスを貯めない、煩悩に振り回されない生き方を指南していただける面白い一冊です。

考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る


2010.08.30 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
  組織とは、しくみだけで動く訳ではない。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 PTA人権部の広報紙を作る際に、何か参考になる本がないか探していたところに見つけたのが、この「わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた」です。まあ、読みやすいレイアウトの知識などが散りばめられていて、役に立ちそうだし買おうかな~と思って価格を確かめたら…

なんと2400円もするじゃないか!

しかも外税
普段は新書くらいしか買わない私にはボッタクリ価格としか思えなかったのですが、
悩んで悩んで悩みまくって、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買い求めました

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかたわたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた
(2009/09/25)
芳賀 正晴

商品詳細を見る


2010.08.28 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
  人生より難しい芸術はない。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 8年弱もの間、大事に使い続けてきたパソコンをようやく更新し、今月中旬に新しいPCを入手。今日やっと各種設定を終えて代替わりを果たしました。OSはXPから一挙にWindows7へ。CPUは当時奮発したPen4からCOREi5へ。ハードディスクの容量は10倍以上。ブルーレイドライブまで付いています! PCは日々進化していますが、人間様の方は相変わらずローテクのまま。。。

 あ~、画面が明るすぎて目がチカチカするぅ…

 オフィスも2010が入っていて、多機能化しているんだろうけど、つ、使いづらい(汗) 試しにW高人権部で発行する広報誌の構成見本を作ってみた。マニュアルとにらめっこで悪戦苦闘したけど、面白いものが出来るかもね♪ 楽しみ楽しみ♪♪

2010.08.22 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
  とかく他人に厳しく、自分自身に寛大なのは、凡人の常だ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


◆S高人権部 広報紙編集会議◆

 と き:平成22年8月18日(水)
 ところ:本校応接室
 参加者:6名

当初、最終の編集会議の予定でしたが、紙面の構成やメッセージの流れにアラが見つかり、抜本的な改変を施すことに決定。再度、記事の書き直しや追加を宿題に持ち帰り、もう一度部会を持つことになりました。
よって発行予定日も若干ずれて、9月上旬となりました。
なんたって創刊号ですからね。不慣れで手間はかかっても、完成度は少しでも上げたいものです。ご期待下さい!

2010.08.20 Fri l S高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
  友達にふさわしい役割とは、あなたが間違っているときに味方をしてくれること。
  正しいときなら誰でも味方をしてくれるのだから。

  ブログランキング・にほんブログ村へ



昨日から村崎太郎さんと栗原美和子さん著作の「橋はかかる」を読み始めました。栗原美和子さん著作の「太郎が恋をする頃までには…」と同様、夢中になって読み進めています。今日中には読み終わるかな!?
村崎さん栗原さんご夫妻の書かれる本の印象は、一言で表現すれば『赤裸々で衝撃的』です。こんなに部落問題を深く鋭くえぐって伝えて下さる方を僕は他に知りません。
自分も何か一歩を踏み出さなくてはいけない気がしてくるのですが、いったい何をすればいいのか…
光の差す方向を見つけないとね☆

橋はかかる橋はかかる
(2010/06)
村崎 太郎栗原 美和子

商品詳細を見る


2010.08.16 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
  どんなに悔いても過去は変わらない。

   どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。

    いま、現在に最善を尽くすことである。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


◆第35回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会~二日目~◆

と き:平成22年8月6日(金)
ところ:米子コンベンションセンター他8会場

W高校PTAの動員で大会2日目の分散会に参加。うちの高校の発表もあるので、午後からは「中学校・高等学校」に顔を出した。会場でS高PTAの副会長さんとばったり出会ったので、一緒に話を聞く。W高の人権教育の取り組みの報告もなかなか興味深かった。先生がクラスの雰囲気や生徒の様子に気を配って、効果的に成果が出るよう考えておられることが分かった。その後、フリートークのような展開になったのだが、その中で菊池さんという方の発言に興味を持つ。隣の副会長さんも同様だったらしく、さっそく次の休憩時間に人ごみの中から菊池さんを探し出してコンタクトを取ってらっしゃいました(笑) 二人で色々と手配をして、9月中に菊池さんのお話をじっくり聴く機会を持てそうです。 

午前中は隣の会場で男女共同参画について、倉吉にある「よりん彩」の石井さんの話を聞いた。不平不満を言う自分に対し、ご主人から「人に生まれてきただけでも、ありがたいと思いなさい」と言われたというエピソードが、何だか石井さんらしくて面白かった。

追伸、W高PTAが昼食の手配をしてくれなかったので、仕方なく外に食べに出掛けたら、午後の開始に間に合わなかった(^^ゞ
弁当代くらいケチるなと言いたい!

2010.08.14 Sat l 勉強会 l COM(0) TB(0) l top ▲
  何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。
  この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。

  上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からはハシゴは生まれない。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


◆S高 人権部会◆

と き:平成22年8月5日(木)
ところ:本校
参加者:6名

前回に引き続き、人権部広報紙の作成作業。手分けしてデータ化した原稿を持ち寄り、紙面に組み込みましたが、ボリュームが多すぎて大幅に削除が必要になり、宿題を持ち帰ることとなりました。
紙面の作成は経験のある先生にお願いしましたが、あまりの作業量に、次回発行の際には部内で対応したいとの意見あり。
今回も和気あいあいとおしゃべりは弾みました♪

2010.08.06 Fri l S高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
  人の長所が多く目につく人は幸せである。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 最近、エントリー「中四国 高P連 鳥取大会 & S高研修旅行」へのアクセスが多いんですが、何か面白いことでも書きましたかね? ちょうど、県高P連から会報に載せる鳥取大会の感想文の依頼が来ています。県内各校から1名づつに執筆依頼されているようですが、皆さんこのブログのエントリーを参考に原稿を書かないで下さいね~!

僕の感想文と、かぶりますから!!(^^ゞ
2010.08.05 Thu l S高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
  誰かを深く愛せば、強さが生まれる。
  誰かに深く愛されれば、勇気が生まれる。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 直前のエントリー「S高PTA第2回評議員会~言葉は心に響いてこそ意味がある~」で、コミュニケーションの重要性について書いた。高校PTAのメンバーって会議や行事でもなければ、そう日常的に出会える存在ではない。必要なことはスピーディーに決めていかなければならないし、会長や部長などのマネージャーにはリーダーシップが問われる。
 そんなことを考えていたなか、図書館で面白い本を見つけた。藤巻幸夫氏の「特別講義 コミュニケーション学」である。書き出しの一部には、相手としっかりと向き合い、お互いの力をうまくかみ合わせていくこと。価値観が多様化し、自然にまとまれる時代ではないからこそコミュニケーションが重要であるとのメッセージがある。これ、PTAにも家庭での親子関係にも当てはまる気がする。ということで、言い出しっぺの私からお勉強しましょう♪

特別講義 コミュニケーション学特別講義 コミュニケーション学
(2010/01/08)
藤巻 幸夫

商品詳細を見る


 そういえばこの人、今回の参議院選挙に出馬してたよね!? 当選したんだっけ??

2010.08.04 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。