上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 戦争は武力をもってする政治の継続である。
 ゆえに、政治は武力を用いない戦争である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鳥取県PTA協議会 平成21年度 第5回理事会

 とき:平成22年4月24日(金)
 ところ:米子コンベンションセンター

【協議】

1 平成21年度県P会長表彰、日P会長表彰について
  ・県P会長表彰・・・団体表彰4校、個人表彰18名の表彰を決定
  ・日P会長表彰・・・団体の部2校、個人の部4名を推薦することに決定

2 平成21年度事業及び決算報告について
  ・報告の上、承認

3 平成22年度事業計画(案)および予算(案)について
  ・活動方針と活動の重点目標について質疑あり。修正の上、承認。
 
4 鳥取県PTA協議会規約等の改正について
  ・規約に三役会についての記載がなく、会の位置付けがあいまいなため、加筆の上、その他表記上の修正を含めて総務委員会で協議提案された案について、修正要望を5月10日まで受け付けた上で、判断を三役会に委嘱。

5 鳥取県PTA協議会予算値上げについて
  ・県P会費は平成23年度からの値上げが必至の状況。詳細は22年度中に協議する。
  ・事務局費について、平成22年度は局員に日報の記載を求め、平成23年度に向け、仕事内容と報酬について精査・検討する。

6 平成22年度総会について
  ・と き:平成22年6月5日(土)
   ところ:倉吉体育文化会館 大研修室

7 平成22年度役員について
  ・役員案を承認

8 平成22年度(第40回)日P中国ブロック研究大会について
  ・と き:平成22年11月13日(土)
   ところ:米子コンベンションセンター・ビッグシップ

  ・協賛金の募集について、中・東部にも協力を要請。

  ・県内各地区連合会への動員について、割振りをじゃっかん修正。西伯郡Pについては変更なし。

9 鳥取県委託事業(基本的生活習慣の定着等・・・)について
  ・モデル校を増やし取り組むことを確認。新規モデル校を募集する。

10 その他
  ・平成22年度第1回理事会日程
   と き:6月19日
   ところ:倉吉体育文化会館

  ・日P全国研究大会千葉大会の鳥取県への参加動員要請は30名。

  ・日Pにおいて、地域ブロック再編の動きあり。次回理事会において方向性が出る模様。
スポンサーサイト
2010.04.27 Tue l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲
 変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。
 自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 米子市公会堂が市の耐震調査の結果、耐震構造指標(Is値)が大ホール0・15と診断され、大地震が起きた際に倒壊する恐れがあることが分かり、その存廃が注目されています。

 昭和33年に、市民から募金を募って建設費の一部に当てられ完成した1000余名収容の大ホールを備える公会堂。その後、平成3年に米子市文化ホール、平成10年にビッグシップが完成するまで、米子の文化の拠点として存在していました。グランドピアノをモチーフにした外観は個性的で、有名な建築家による設計だそうです。今後、耐震補強して存続させるか、または厳しい財政事情をかんがみ解体されてしまうのか、米子市民でなくとも気になるところです。
 
 さて、この公会堂の存廃問題と少し似た話がわが町でも起こっています。町内の小中学校の耐震調査の結果、7校中5校において耐震補強が必要との診断があり、学校の統合問題が教育委員会によって検討されています。今のところ教育委員会は小中一貫教育を推進するとの立場から、五つの小学校を二つに再編し、それぞれ旧町単位で小中一貫教育を進めるということを考えておられるようです。一部の住民や保護者からは、地域に学校がなくなれば一気に寂れるのではないかという危機感もあり、まだまだ双方の溝は深いという印象です。
 
 米子市の公会堂と我が町の学校統合の問題、どちらも財政と行政サービスのありかた、住民同士の連携、行政と住民の建設的な議論の場の確保が問題解決のために必要なのではないかと感じています。
2010.04.22 Thu l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
私たちは高い目標を持っているからこそ、多くのことをやり遂げられるんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 先日、審査員として参加した県P広報紙コンクール予備審査会。ここを突破した36作品をもって開かれた本審査会の結果が先週発表され、みごと溝中PTAだより「きずな」が努力賞に入賞しました! 以前から溝中PTAだよりは広報紙としてレベルが高いと感じていたのですが、なぜだかこれまでは無冠のままでした。しかし今回の入賞により、本校広報部のレベルの高さが証明されたと自負しています。また広報紙の出来の良さのみならず、部会のムードがよくて、部員の皆さんが楽しみながら集まられていることも本当に素晴らしいことだと思います。ただ今回、小中の広報紙全98点を審査した経験からいえば、まだまだ上には上がいるなぁ~というのも事実です。今回の結果はゴールではなく、新たな出発点として発展されることを望みます。
 当然ながら賞を狙うことが広報紙発行の目的ではありませんが、せっかく知恵をしぼり汗をかきながら作るのですから、会員の皆さんが楽しみにして手に取り目を通すことで、さらにPTA活動が活性化し、子どもたちに様々な形で還元できるものとなるよう願っていますし、必然的に読み応えのある広報紙が上位に入賞しています。
 ともかく、楽しみながら、結果も出された広報部の皆さんに、感謝とお礼を申し上げたいと思いますm(_ _)m
2010.04.21 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
てめェのペースでやりゃいいんだよ。「自分」を殺すな。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

と き:平成22年4月13日(火)19:00~
ところ:学校小会議室

役員会を再来週にひかえての打ち合わせ会のようです。新年度の会長・副会長・専門部長さんらが集まりました。学校側からも校長先生・副校先生・教頭先生・事務局の先生が参加されました。
会長さんから、予算編成に向けて、新規事業等の希望があれば教えてくださいとのことでしたが、こちらは新米の新部長で引継ぎもなしでのスタートですので、当面は部会のムードを刷新し、建て直しに勤めたいとお答えしました。
まだ新1年団選出の副会長が決まっていないようで、会長さんたちはバタバタされているようでした。

あ~、ちょっと荷が重いかも(汗)
2010.04.17 Sat l W高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
グチは不幸を呼ぶ呪文です。決して口にしてはなりません。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


 昨日書いたエントリー「PTA論~会費と対価について~」は、この本の影響を間接的ながら多分に受けた結果、日頃の想いを文章化したものです。少女マンガ的な表紙のイラストと不釣合いなほど分厚く、堅いんだかふざけてるんだか判別不明なタイトルの小説。意を決して購入して読み始めたのだが、かなり面白い。経営学の権威であるドラッカーの『マネジメント』を間違って読んだ高校野球の女子マネージャーが実践する野球部のマネジメント。小説としてはじゃっかん稚拙だけど、最後は涙を拭いながら読みました(^^ゞ マネジメントの実践は企業経営のみならず、部活をはじめPTAなど様々な組織で生かせるものであるようです。

 ◇マネージャーとは
 ◇顧客は誰か
 ◇人のマネジメントとは
 ◇マーケティングの実践
 ◇イノベーション
 ◇トップマネジメントの確立

 こんな流れでドラッカーの「マネジメント」を引用しながら小説は進みます。自分が属する組織・集団での活用をめざし、二度三度と読み返したい1冊です。
2010.04.12 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
「夢」を捨てたら、会社や組織という「手段」に殺されてしまう。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 たぶんほとんどすべての単位PTAは、会員の納めた会費で運営されていると思います。会費の使い方(予算)は、事業計画とともに総会で承認された上で、その執行は役員に任されます。会費の支払いを拒否される方は、ごくごく一部を除いていらっしゃらないと思いますが、PTA活動に無関心な方って~のは結構な数いらっしゃるのではないでしょうか!? いわゆる『金は出すが口は出さない』ってやつです! サイレントマジョリティとも言えるのかもしれません。PTAの役員をやると、どうやってこの会員の方々を活動に巻き込んでいくのかっていう事が大きな課題としてのしかかってきます。経済学的な表現に置き換えれば、『顧客ニーズのマーケティングと組織のマネージメント』とでも言えるかもしれません。  

 一方、会員としては、支払った会費分くらいは対価としてリターンがないと無益ということになります。もちろん、ただ家に座っているだけで会費分のサービスが提供されるわけではありませんね。PTAの活動に顔を出す・口を挟む・協力するという行為が伴って初めてPTAの一員となり、子どもたちと共に成長する『共育』に繋がるのだと捉えます。そういう意味では、PTAをマネージメントする役員の方々には、どうやって一人でも多くのPTA会員の方を活動に巻き込み、支払われた会費分以上のサービスを会員に提供できるのかということが義務として問われているのではないかと考えています。

 サービスの提供と対価の支払いという点において、店と顧客は対等であり、サービスにふさわしい対価を支払う行為は、経済活動上、企業と消費者の義務です。教育やPTAに経済の論理を安易に持ち込むことは危険ではあると思いますが、もっとコスト意識を持った組織運営を心がけることと、会員のニーズをマーケティングすることは大事なのではないでしょうか。そこから新たな活動の道しるべが見つかるかもしれません。
2010.04.11 Sun l つぶやき l COM(2) TB(0) l top ▲
過去にこだわるのは ゴミ箱に顔を突っ込んでいるのと同じ。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 と き :平成22年4月10日(土)
 ところ :住吉公民館
 出席者:11名

 平成21年度の広報紙コンクールの予備審査会を県P教育問題委員会で開催しました。県下の小中学校PTAから計98作品の応募があり、そのすべてに目を通し、慎重に審査いたしました。わたしにとって広報紙の審査は初めての経験でしたが、各校の広報部の皆さんの汗の結晶である成果を前に、責任の重大さをかみ締めながら採点させていただきました。

 審査の観点は以下の通りとなります。

【審査の観点】
 
 ◇読みやすさ
  ・全体の編集やレイアウト及び見出しに工夫がみられるか
 ◇内容
  ・PTA活動に役立つ記事が盛り込まれているか
  ・学校や地域社会との密接な連携がうかがえるか
 ◇企画性
  ・積極的な企画・アイデアがうかがえるか



 得点の集計と審査結果は県P三役会で決められるようですので、審査結果につきまして時点では当方は把握しておりません。今回の予備審査会の結果をもって、小学校24作品、中学校12作品が本審査会へ送られます。
 本審査会では下記の賞を決められます。

【本審査会 優秀作品への賞】

 ◇県教育長賞 (小:1校・中:1校)
 ◇金   賞 (小:3校・中:2校)
 ◇銀   賞 (小:3校・中:2校)
 ◇銅   賞 (小:3校・中:2校)
 ◇努 力 賞 (小:3校・中:2校)



 全体を通してみて、記事の内容にグイグイと引き込まれる広報誌もあれば、なにが書いてあるのか全く印象に残らない広報誌もあったり、レイアウトに難があったり補足説明が不足していたりして、素材は良いのに読みにくいものもありました。
 私の審査基準は、『奇をてらわず工夫があり読みやすいもの・PTAの熱意や子どもたちへの愛情の感じられるもの・独自の取材記事や特集の組まれているもの』とさせていただきました。

 しかしあれですね。これだけ力の入った各単Pの広報紙を拝見すると、県Pの広報紙も今のままではマズイ気がしてなりませんね
2010.04.11 Sun l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。