上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とき:平成22年1月28日(木)午後3時~
ところ:溝口公民館

今回の専門委員会では、2月28日(日)に鬼の里ホールで開催される『今後の教育を考えるつどい』に向けて、各ワーキンググループの協議をまとめる作業を行いました。
この集いについてはパンフが町内に全戸配布されていると思います。内容につきましては、このブログでも別途お知らせいたします。

その後、中学校の統合につきまして意見交換を行いました。教育検討会の答申には無かった中学校統合の話ではありますが、その後の住民説明会での反応や、長期的な教育プランを考える上で、無視できない課題であるとの意見がありました。そうなりますと住民の方々の気持ちとしては、合併された中学校の校舎がどこに配置されるのか、大いに気になるところだと思います。PTA代表の委員のひとりとして、保護者の皆さんの声を聴きながら十分な検討をしていきたいと考えています。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010.01.30 Sat l 学校教育専門委員会 l COM(0) TB(0) l top ▲
植村花菜さんの「トイレの神様」という歌がラジオから話題になり、Youtubeなどでも公開されています。
トイレには神様がいるからきれいにしなさいと教えてくれたおばあちゃんと孫娘の歌で、不覚にも泣けます。
親子とか家族とか、暖かい気持ちや関係性を現代社会は少しずつ失いつつあることに警笛を鳴らす秀作だと思います。
ぜひご覧になって下さい。
なお現時点では、CDは未発売のようです。




にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.28 Thu l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取県は、県内の子育て情報を集約したホームページ「子育て王国鳥取県」をオープンさせました。
子どもの年齢別に医療・福祉や教育などの子育て情報をまとめてあり、工夫されています。
当ブログにもリンクを挿入しましたが、子育て中の皆様もPCブラウザーのお気に入りに加えて活用されてみてはいかがでしょうか。
「心とからだ いきいきキャンペーン」もよろしく!(笑)

子育て王国鳥取県:http://www.kosodate-ohkoku-tottori.net/index.html


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.27 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成22年1月26日(火)
ところ:鳥取市立湖南学園

学校教育専門委員会では、近隣地域の先進事例を学ぼうということで、鳥取市に設立された小中一貫校の湖南学園を視察してきました。

ここは現在、1年生から9年生まで児童生徒数153名、1学年あたり17名という小規模校で、伯耆町で検討している今後の一貫教育のスケールに比較的近い規模でありました。
学校の設立に当たっては『一貫校で人づくり、地域づくり』をテーマにし、9ヵ年を初等(4年)・中等(3年)・高等(2年)のブロックに区切り、めざす児童生徒像を設定しシステムづくりをしておられるそうです。

校舎は元小学校の校舎を改築して利用されておられ、内装は木目を生かした造りで明るい感じが好印象でした。
授業の様子も見学させていただきましたが、子どもたちも集中して授業に取り組んでおり、落ち着いている印象を受けました。また、廊下ですれ違った初等クラスらしき子ども達も丁寧にあいさつができていたことには感心しました。

小規模校で1年生から9年間、クラス編成もできず全く同じ顔ぶれで過ごすことに対して私は大きな不安を抱いていましたが、ここでは不登校の児童生徒は現在一人もいないということで、特に明るいムードの学校づくりに苦心しているとのお話でした。
明るい校舎、きちんと挨拶ができて落ち着いている子ども達。この姿をみたら、小中一貫校に対する不安もじゃっかん薄れたというのが率直な印象です。

でも一番驚いたのは、私たちが職員室に入った際に在室中の先生方が一斉に全員立ち上がり、にこやかに挨拶され、一行が部屋から立ち去るまでずっと起立されたままだったことでしょうか。新しい教育モデルに取り組み、本気で子どもたちを支えようという姿勢がその対応から伺えました。学校を訪れて、こんなに気持ちいい印象を受けたのは生まれて初めてです。湖南学園のファンになっちゃいました(笑)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.26 Tue l 学校教育専門委員会 l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成22年1月22日(金)
ところ:鳥取・白兎会館

県教育委員会職員と県P評議員が合同で開催する教育懇談会が開催されました。
教育長はあいにく公務の都合で、挨拶のみの参加となりました。
この行事も県Pの教育問題委員会の担当ということで、数ヶ月前から西部地区選出理事らで準備を進めてきました。
例年のスタイルを引継ぎ、小グループ討議(分散会)から全体懇談会(全体会)という流れで進行しましたが、分散会の討議テーマは会員の希望を取りまとめ、タイムリーな問題を取り上げました。
討議テーマは下記の通りです。


◆小グループ討議テーマ

 (1)子どもの成長と生活習慣
    ①家庭での生活リズムと子どもの健康・安全について
    ②少子化時代における部活動のあり方について

 (2)行政とPTA
    ①教育委員会とPTAについて
    ②特別支援教育の今後の見通しについて

 (3)PTA活動と保護者の意識
    ①保護者意識とコミュニケーションについて
    ②PTAのあり方について

 (4)青少年の健全育成と大人の関わり方
    ①青少年の問題行動防止について
    ②思春期の子どもと親の関わり方について



私は第3グループの『PTA活動と保護者の意識』の討議に参加しました。
以下、討議の中で出た発言をまとめてみます。

・学校とPTAが足並みを揃えると強い力を発揮する。学校の協力がなければPTAは成り立たないし、学校もPTAの活動に期待している。PTA役員はリーダーシップを取って学校との連携を図るべきではないか。
・PTA行事への参加率の低さと参加メンバーの固定化は永遠の課題。消化型の行事から提案型のクリエイティブな活動へ転換し、保護者へ呼びかけよう。
・PTAの集まりではムード作りが大切。経験者がムードメーカーとなって世代を繋ごう。
・とにかく積極的に学校へ行こう。親同士も顔が分かれば、次に出会うのが楽しくなる。活動と親睦をうまく組み合わせて取り組もう。
・役員の負担が重くて大変。⇒PTA活動の原点は単P活動であり、その充実こそ最優先されるべき。出来ないことは止める勇気を持つことも大事。
・保護者のPTAに対する意識が二極化している。無理にひとつにまとめようとしても大変。参加したしたひとりひとりが楽しみ、その輪を広げよう。
・家庭教育の充実に関してPTAの果たす役割は重いが、スポーツクラブを活用した社会体験などを組み合わせるなど工夫しよう。
・PTAの存在意義・何のために役員をやるのか⇒なかなか活動の効果が分かりにくい。PTA不要論などの声も聞くが、これもPTAの理想と実態のギャップが原因。そこに人がいるからこそ、自分も役員をやらせてもらったり、助けてもらっている。いろいろ学べて仲間もできて、人生の宝物になった。

けっこう充実した話し合いが出来ました。さすが県Pの役員ともなると、皆さん意識が高くて、こちらも元気付けられます。準備に努力した甲斐がありましたね!


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.25 Mon l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成22年1月22日(金)
ところ:鳥取・白兎会館

【協議】

①教育懇談会について
 ・小グループ討議のテーマについて決定に至る推移と、会の進行について

②中ブロ研究大会 鳥取県米子大会について
 ・大会組織図の案内について
 ・大会予算案の修正について

③第35回人権尊重を実現する鳥取県研究集会について
 ・県Pが後援するこの研究集会について、分科会での報告者1名の選出を主催者より求められる。
  →報告者の選出に当たっては教育問題委員会が担当する。
    大会日程:2010年8月5日(木)~6日(金)
    会  場:ビッグシップ

④県教委委託事業『基本的生活習慣の定着等による学力向上促進事業』(案)について
 ・事業の説明と平成22年度実施校(新規5小中学校区PTA)選出について
  →県教委と相談後、各ブロックに協力要請の文章配布予定

⑤その他
 ・平成22年度総会において、県Pの支出削減のために費用の掛からない会場への変更を検討することについて
  →倉吉文化体育会館への会場変更を検討する


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.25 Mon l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲
日頃お世話になり、こことリンクさせていただいている「よなご・まちづくり塾」のブログに、“パートナーシップ☆”という記事がアップされていました。“ほうき☆輝く未来フォーラム”のパネリストでおなじみ、米子のスーパーウーマン☆ゆう☆さんの記事です!

岩登りといえば命懸けの険しいスポーツというイメージですが、そこではもちろん心底信頼できるパートナーが必要とのこと。
そして、パートナーに恵まれるか否かによって人生が変わってくる。大切なのは信頼関係と結ばれています。
信頼関係が大切なのは親子関係、そしてPTA活動にも当てはまる話だと思います。

PTAの役員なんか押し付けられちゃうと、「頑張んなきゃ!」って一人で踏ん張って、結果的に空回りして尻すぼみで終わっちゃうケースなんかもありがちです。しかし、仲間を信頼し、助け合って歩んでいくことで、ともに成長でき充実した成果が得られるのではないでしょうか。時に意見が対立したって、むしろラッキー! 自分にない発想を教えていただいたことに感謝できます。
『色々と大変だったけど、良かった。終わってみると、なんか寂しいね。』 そんな思いに至れる活動ができたら、これに勝る喜びはないでしょう。

パートナーシップを大切に! 命懸けじゃない分、岩登りよりもイージーなはず!!(笑)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.01.20 Wed l つぶやき l COM(2) TB(0) l top ▲
事業名:PTA award 2009
内容:単位PTAにおいて、その年度内に最も輝かしい活動をされた方を会員の投票によって選出し表彰するイベント。
予算:若干の記念品代もしくは0円
作業:全会員に投票用紙を配布し、回収・仕分け。

上記、三役に提案してみましたが全く関心を引くことも無く廃案となりました(^^ゞ
各専門部で一生懸命汗を流してくれた会員さんや、献身的にサポートしていただいた学校の先生などにスポットを当てることも可能な良いアイディアだと思ったんだけどなぁ。
このくらいの遊び心があってもバチは当たらないと思うけど。。
「みんなで楽しむPTA」のスローガンが泣いちゃうよ!

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.01.16 Sat l つぶやき l COM(2) TB(0) l top ▲
とき:平成22年1月11日(月・祝)午前9時00分~
ところ:溝口公民館

3回目の専門委員会開催です。
今回もワーキンググループに分かれての協議でした。
私の所属する第3グループ「財政状況のまとめと情報提供について」では、想定しうる学校の配置に対応する財政負担の試算の提供が必要ということで、各校の修繕や新築に関わる費用の算出などについて話し合いました。
また、教育検討会の答申にはなかった中学校の統合についても話し合いました。今後の生徒・児童数の減少を考えれば、中学校の一本化は選択肢の一つとして検討に値すると思いますが、校舎を町内のどこに置くのかという問題は調整が難しそうです。

次回は小中一環校の視察に出掛ける予定です。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.01.15 Fri l 学校教育専門委員会 l COM(0) TB(0) l top ▲
PTAほど組織が普及しているのもにも関わらず、その活動があいまいな団体も珍しいと思う。
いったい何のために存在しているのか、ちょっと考えれば誰にでも分かりそうなものだが、それを考える事すら全体としては省略されているのが現状ではないのか。

PTA会費だけ払っとけば会員としての役割を果たしたことになるんでしょうか? 執行部としては、ある意味ありがたいですけどね、『金は払うが口は出さない』保護者は! 自分が払ったPTA会費の使い道を無条件で他人に委ねるなんて、僕は真っ平ごめんですけどね。世の中には心の広い人が多いものです。

僕にも難しいことは分かりませんが、結局PTAって子供たちのためにあるんでしょ? だったら活動の本質って子どもたちの中に答えがあるんじゃないですか。時々「PTA活動に時間をとられて逆に子どもと接する時間が減って、本末転倒だ」って話を聞きますが、それってどうかなぁと思います。PTAを通していろんな知識を得た上で接する子どもとの時間はより深いものとなる気がします。ただ時間だけダラダラと長けりゃいいってモノでもないと思うんですよ。
PTAが無かったら、様々な学習機会も尊敬できる先生や保護者の方々との出会いもなかったでしょう。そうしたら僕は今以上にダメ親父だったでしょうね。

PTAの理想と現実が乖離しているということは、それだけやりがいのある活動だとも言えます。一歩足を踏み出せば、元気をくれる素敵な仲間もいます。嫌な思いをすることも時々ありますけどね。文句だけは一人前で人の足を引っ張る奴とかね。。 (僕もそうとうな文句言いなので、お前が言うな!って言われそうですけどね(^^ゞ
でも得るものの方が多いですから、そういった意味ではPTAって無限大の可能性を秘めていて楽しいなと思います。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.01.09 Sat l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
新年あけきっておりますが、本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

今年もPTA絡みでいろいろと抱えていることをひとつずつクリアしていき、バージョンアップしていけたらいいな~と考えています。引き続きまして皆様からご指導賜りますようお願い申し上げます。

さて、昨年11月28日に開催されましたほうき☆輝く未来フォーラムの様子が伯耆町有線テレビジョンで本日1月3日放送されています。パネルディスカッションでは住みよい街づくりについて楽しく語っていますので、町民の方にはぜひご覧になっていただきたいと思います。なお、1月17日(日)にも再放送が予定されていますので、そちらもチェックしてください。

さっ、これから新年会新年会♪


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.03 Sun l まちづくり l COM(6) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。