上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とき:平成21年11月29日(日)
ところ:中山ふれあいセンター
参加者:P2名、T3名。

高校のPTAでは人権教育部なる専門部に所属。
同和問題を抱える地域に出掛けて、現地を歩いたりしながらいろいろとお話を伺いました。
人権部の活動としてはよくある事業ですが、どこも参加を集めるのに苦労するようです。
私も案内をいただいて参加したわけですが、現地に到着すると顧問の先生がおられて開口一番「今日は参加者が少なくて申し訳ございません」と頭を下げられる。参加者数を聞くと「5名です」とおっしゃられるので、ま~そんなもんかなと思ってると、「その内、教員が3名で保護者は2名なんです」と。。。
会員数1000人超のPTAの事業に保護者の参加が2名とは、昨日のイベント成功で上がったテンションが急降下で、出掛けた早々ガックリです。

さて、気を取り直して本題。

研修会ではセンターの船越館長さんにお話を伺いました。この館長さんがとても素敵な方で、優しい語り口で地区の歴史から現状、今後の課題まで丁寧に分かりやすく教えていただきました。地区の状況について初めて聞く話もたくさんあって、大変勉強になりました。
一見、同和問題ってもうほとんど問題が解消されたんじゃないかって思ったりしてたんですが、地区の方々を苦しめた差別の傷跡は深く、今でもさまざまな点で苦労されていることを知りました。
私たちも引き続き地区の実態を知る努力を怠ることなく、様々な差別に対しても関心を広める必要があると感じました。

【学んだことなど】
・地区内の空き家に地区外の方が入居するなど、混住が進んでいる。
・地区は農村地帯にあっても農地が少なく、農業で生計を立てることが難しかった。
・零細な土木作業の仕事に就かれる割合が高く、現在の厳しい業界の状況により仕事を失う方も多い。
・地区には教員や医師などの学歴を必要とする職業に就く割合が極端に低かった。
・地区住民のの平均寿命を調べると、これも町全体の平均に比べて極端に低い。
・経済的に困っておられる割合が高い。奨学金の返済が滞り、それを負い目に感じて内にこもられるケースもある。
・地区内でも差別に対する意識に差があり、時に衝突もある。

学ぶってことは、これで十分、完璧ってことは無くて、学べば学ぶほど色んな発見があるんだな~と実感。
また、学んでおしまいじゃなく、そこからどうステップアップするかが大事なんでしょうね。
スポンサーサイト
2009.11.30 Mon l W高PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年11月28日(土)
ところ:伯耆町農村環境改善センター
入場者:200名超

平成21年度ほうきまちづくり塾の主催による卒業企画を大々的に開催いたしました。
役場の町づくり推進室のバックアップのもと、年代も性別も所属もバラバラなメンバーが集い、半年間さまざまな勉強を重ねてきました。当日、ディスカッションや司会で舞台に上がった面々はもちろん、その他全てのメンバーが裏方として飛び回り、来場者のみなさんに少しでも町づくりへの関心を高めてもらい、楽しく満足して帰っていただくために頑張りました。

第一部のパネルディスカッションでは塾生を代表して私がパネリスト参加。力不足でヘロヘロでしたが、本番の何倍もの時間を重ねた打ち合わせが役立ったのか、なんとか足を引っ張らずに終えたかなと思います。討議中、何度も『楽しむ』という言葉が出てきましたが、これは溝中PTAが昨年からテーマとして掲げる『みんなの楽しいPTA』にも重なります。「無理をせず楽しみながら輪を広げていこう」の精神でそれぞれの団体や組織を活性化することが、ゆくゆくは大きなまちづくりに繋がるのではないかと考えます。
まちづくりパネルディスカッションの方はCATVの方でも放送が予定されているようですので、見逃された方は是非ご覧になっていただきたいと思います。

大会終了後、片づけを終えてから慰労会&卒業パーティを開きました。パネラーとしても参加いただいた米子まちづくり塾からも曽根代表と本城副代表にお越しいただきましたが、今回の塾にとって、米子塾との出会いは大きなカルチャーショックを我々に与えていただいたと思います。ここで学んだことは今後の社会活動の中で大変大きな影響と効果を与えるでしょう。
今後、1歩でも2歩でも米子まち塾に近づける活動が伯耆の町で花開くよう、住民が手を結んでいけたらいいですね。
来年以降もまちづくり塾は続くので、PTAからもどんどんメンバーが参加してリーダーとしての資質を高めて欲しいと願っています。
2009.11.30 Mon l まちづくり l COM(6) TB(0) l top ▲
とき:平成21年11月14日(土)
ところ:倉吉体育文化会館

【報告】 ◆日P関係

 ・第58回日P研究大会千葉大会
  とき:平成22年8月27日~28日
  ところ:千葉市
  記念講演:松岡修造氏

 ・第39回 日P中ブロ研究大会 島根県松江大会
  鳥取県Pへの動員依頼290名に対し動員実績260名
  島根県Pより協力に対する謝辞あり

【協議】

1.平成21年度鳥取県PTA研究大会について
  動員:580名(中西部:単P各2名以上、東部:単P各4名以上)
  会場キャパ:500名
  
2.教育懇談会について
  開催日程:平成22年1月22日(金)に内定

3.第40回 日P中ブロ研究大会 鳥取県米子大会について
  参加者規模:2000名(うち、鳥取県内参加者800名予定)
  記念講演:野口健氏
  参加費:3000円(例年と同額)
  総事業費:994万円
  西伯中P動員割り当て(案):全7校に対し35名
2009.11.25 Wed l 県P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年11月13日(金)
ところ:米子文化ホール
参加者:本校より4名

米子市小中PTA連合会主催のイベント、教育フォーラムに参加してきました。
連合会の会長さんから「来てもいいよ~!」とお誘いをいただきましたので、ブロック内の各校に連絡し、本校からも4名ほどお邪魔しました。

内容は東海大学体育学部教授の小澤治夫先生の講演です。演題は『子どもを一人前に育てる大人の責任~学力・体力・気力の向上は生活習慣の立て直しから~』。
中高の教師時代から現在までの幅広い実体験と研究からユーモアを交えた語りは、保護者だけでなく子どもたちや学校の先生にも聴いてほしいと感じる、いろんなヒントと道しるべを示していただけた講演だと思います。
一緒に参加した本校の参加者の皆さんにも凄く好評で、「参加してよかった!」と興奮しておられました。急遽参加できなかったM会長さん、残念でした~(笑)

講演の内容はとても語りつくせないので、当日いただいた小澤先生の資料の見出し部分のみお知らせします。


【早寝・早起き・朝ごはん、テレビを止めて外遊び】

<1章:朝食と学力>
・子どものおかしさを実感した15年前の話
・朝食抜きは体温も学力も低い

<2章:生活習慣と体力>
・子どもの体力低下
・朝食と体力
・サンマ(3間)の減少
・子どもの歩数の減少

<3章:生活習慣と体調>
・学校に行きたくない、その理由
・朝食と排便、体調、学力
・深く十分な睡眠が朝の体調のカギ
・朝食の品数と学力

<4章:生活習慣の立て直しに成功した子どもたち>
・立て直しに成功した学校
・取り組みの中心は養護教諭と保険教師
・元気アップノート、HQCシートの活用
・元気になった子どもたち
・終わりに

あらためて家庭の役割の大切さを学びました。家庭教育というほど大げさなことではないんですよね、生活習慣をもう少し整えようってことだと思います。とにかく元気をいっぱいいただきました!
本校でも、生徒・保護者・先生とみんな集まって講演してもらうのも面白いかもしれないですね。
2009.11.14 Sat l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年11月7日(土)
ところ:くにびきメッセ
出席者数:およそ2000名超、西伯郡中P連より8名動員(その内、溝中より会長・副会長4名)

昨年は岡山県笠岡市で開催された中国ブロックの研究大会ですが、本年は島根県松江市で開かれました。
大会テーマは『親子で語ろう「生きる力」~今、夢をふくらませて~』となっております。
日程の方は午前中に8つのテーマで分科会を開催。午後に記念講演というスケジュールでした。

分科会の各テーマです。
 第1分科会:PTA活動のあり方について~まつり気分で全員参加~
 第2分科会:いじめについて‘心のカベはどうなった’~実は私しっぽがあります~
 第3分科会:食育について‘いただきます’~親としてすべきことは~
 第4分科会:子どもとメディアの関係について~メディアから心と体をときはなて~
 第5分科会:学力向上~早寝・早起き・朝ごはん 家庭学習~
 第6分科会:親力の向上をめざして~子どもと一緒に成長していこう~
 第7分科会:子どもの安全~携帯電話と子どもの関わりから~
 第8分科会:放課後の活動について~子どもに学び、子どもを育てる~

昨年の大会では分科会ではなくパネルディスカッションが行われました。分科会を設けるのは中ブロの研究大会では新しい試みのようです。準備に多大な手間の掛かる分科会をチョイスされた島根県の皆さんには高い志を感じます。
私た溝中の4名は参加する分科会の選択で揃って第5分科会を選び、興味の方向が一緒なことに苦笑いしました(^^ゞ


《第5分科会:学力向上~早寝・早起き・朝ごはん 家庭学習~》

どうやら分科会は市内の中学校区毎にチームを組んで運営されているようです。
助言者の先生からは、「学力とは突詰めれば、生きることにどう向きあうかという事」と、哲学的な難しいお話もありましたが、総じて家庭の理想像とは程遠い子どもたちの生活習慣をどう軌道修正するかというお話だったかと思います。


記念講演『日本人としてかく生きたい』~手間ひまに心の豊かさを~ 
                           共立女子大学名誉教授 木村治美


講師の先生は1987年まで臨時教育審議会(臨教審)の委員を勤められておられ、教育基本法と社会の有り様の変遷についてお話されました。また、「親になるにも学ぶ必要がある」との指摘には、正にPTAがその役割を担う責任があると感じました。

来年はいよいよ鳥取よなご大会がビッグシップで開催されます。記念講演では登山家の野口健氏をお呼びすることが決定しております。地元での開催ですので、皆さんのご協力を宜しくお願いいたしますm(_ _)m
2009.11.12 Thu l 日P l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。