上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ただ生きていくことは誰にでも出来る。
 人生を作ることこそ、すべての人に与えられた義務とチャンスだ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◆平成22年度 西伯郡中学校PTA連合会 定期総会◆

と き:5月15日(土)
ところ:溝口公民館

 1年に渡る郡P会長の任務も、本日を持って解任となりました。やっと重責から開放されたという安堵感でいっぱいです。ま~大した任務があった訳ではないですが、プレッシャーだけは大きかったので、心底ホッとしています。
郡P会長よりも、あて職で付いてくる県P理事の方が忙しかったですね。こちらもいろんな意味で勉強になりました。
 
 今年は中国ブロックの研究大会が米子で開催されるため、まだ実行委員としての任務は残っていますが、郡Pも新会長にバトンタッチしましたし、実行委員会も新年度役員が中心となって運営体制を整える必要があるわけですから、私としては出すぎず後ろの方でサポート役に徹したいと思います。

 これをもちまして「父ちゃんのPTA日記~第2章~」はお仕舞いとさせていただきます。で、すでにブログのタイトルは「父ちゃんのPTA日記~第3章~」に変わっております。新年度、実は二人の子どもが通う別の二つの高校でPTA役員になっております。「できません!」と無下に断ることができない性格が災いしての結果ですが、どんな新しい展開が待っているのか、楽しみながら引き続きブログで暴露してまいりたいと思います。

 どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
2010.05.19 Wed l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
と き:平成22年3月13日(土)18:30~
ところ:ばんらい
参加者:単P会長7名、郡P会長、次期郡P会長、事務局

【郡Pの活動】
 ◆郡P 第1回会長・専門部長会 平成21年7月12日(日) 溝口公民館
 ◆郡P 第1回会長・校長会 平成21年7月12日(日) ホテルハーベストイン米子
 ◆西伯郡中P連 生活指導部・人権教育部 合同研修会 平成21年12月5日(土)
  鬼の館ホール・岸本農村環境改善センター

【県Pの活動】
 ◆平成21年度 鳥取県PTA協議会総会 平成21年6月6日(土) 湯梨浜町「水明荘」
 ◆第57回 日本PTA全国研究大会 みやぎ大会
  平成21年8月21日(金)~22日(土) 宮城県内各地
 ◆第39回 日本PTA中国ブロック研究大会 島根県松江大会 
  平成21年11月7日(土) くにびきメッセ
  西伯郡中P連より8名動員(溝口4名、南部2名、法勝寺2名)
 ◆平成21年度鳥取県PTA研究大会 平成21年12月13日(日)
  国府町中央公民館大ホール 出席者:およそ500名
 ◆県P教育懇談会 平成22年1月22日(金) 鳥取・白兎会館

【平成22年度の予定等】
 ◆第40回 日P中ブロ研究大会 鳥取県米子大会について
  とき:平成22年11月13日(土)
  ところ:米子コンベンションセンター
  参加者規模:2000名(うち、鳥取県内参加者800名予定)
  記念講演:野口健氏
  参加費:3000円(例年と同額)
  総事業費:994万円
  ★西伯中P動員割り当て:全7校に対し35名
  ★実行委員会・西伯郡小中P連担当・・・「運営・進行部」予定人員30名
   ・参加者と役員は原則兼ねない。・運営委員の報酬は当日の弁当だけ。他の手当ては郡P負担。
  ★協賛金《目標90万円・・・1校1万円以上(案)》8月末までに
   西部地区小学校・・・47校 中学校・・・25校 合計72校

◆平成22年度 県P役員について(西部)
 ・副会長候補・・・恩田氏 米子大会実行委員長
 ・指名理事候補・・・山口氏 教育問題委員長 米子大会実行副委員長
 ・監事候補・・・遠藤氏 (現:境港中P連会長)

◆次年度以降の常置委員会のあり方について
 県Pに設置されている総務・環境・教育問題の三つの常置委員会が各地区で固定化している事に関して、理事会において異議あり。西部ブロックとしては固定化を解消して地区別にローテーションすることが望ましいとの意見でまとまる。また、「総務・環境・教育問題」という区分けではなく、県Pが開催している「研究大会・教育懇談会・広報紙発行」の三つの事業ごとに分担した上でローテーションを組んだらいいのではないかという意見もあり、三役会に提案。

◆県P会費値上げについて
 平成22年度より、定期的に入っていた寄付金が無くなる。23年度より日Pの会費が値上げになる等の理由により、現状の事業・会計規模を維持するとすれば100万円規模の収入不足に陥ることが確定的。よって、事業費及び事務局費の見直しを行った上で、現行の単価80円の会費を30円程度値上げせざるを得ないとの試算あり。
県Pに特別委員会(県P会費値上げに関する特別委員会)を設置し、中期的な事業・予算について検討し、会費の値上げについて理事会に提案することを決定。県Pの会費が値上げされた場合には、各単Pからの負担金値上げをお願いする可能性もある。
2010.03.16 Tue l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年12月5日(土)
ところ:鬼の館ホール・岸本農村環境改善センター

今年の合同研修会は2部構成。第1部では溝口と岸本の両PTA合同開催の人権コンサートの観覧。第2部では各部に分かれて情報・意見交換会を開催いたしました。

人権コンサートも今年で7回目。岸本中との合同開催も2年目になります。私も単P執行部の一員としてプログラムに参加しました。今年のテーマは『わ』。出演者も観覧者も気楽に楽しみながら一つになって、あたたかい気持ちを共有できることを目標に頑張りました。終わってみれば「あっ」という間に時間が過ぎ、楽しむ間もなかったくらいです。岸中PTAの皆さんの奇抜な扮装に溝中保護者も大きな刺激を受けたことでしょう。来年はアイディア勝負です!(笑)
今年は郡Pの皆さんにも来場いただき、更に『わ』の広がったコンサートになりました。

第2部の情報交換会。私は生活指導部の方に参加。分散会3班では各学校の活動内容や、携帯・インターネットの問題について議論。ケイタイによる子どもたちの無防備な輪の広がりに危機感を持つ先生方と、会員全体へ危険性の周知が行き届かず手探り状態の保護者のギャップが気になりました。
あと、最近は学校で生徒たちの声が小さいとの指摘も少なからずあり、朝食の問題と係わってるのかな?と推測。
2009.12.06 Sun l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年7月12日(日)
ところ:ホテルハーベストイン米子
出席者:各校会長・校長、事務局

 会長・専門部長会を終えた後、米子駅前に場所を移動して会長・校長会を開催しました。実質的には飲み会なのですが、他校の校長先生を交えてお話できる機会はそうそうないので、貴重な会だと思っています。
 今回も、小中一貫教育について一から教えていただいたり、石川県の携帯電話禁止条例や本県の校長会から出された‘子どもにケイタイは必要ありません!’という強いメッセージに対して意見交換したりできました。
 個人的希望としては、年に1回だけでなくもう少しこういった機会が増えると楽しいと思っています。
2009.07.15 Wed l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年7月12日(日)
ところ:溝口公民館

①会長あいさつ

 皆さん、こんにちは。今年は溝口中が西伯郡Pのお仲間に入れていただきましてから初めての会長担当校ということになります。
 本日の会は、郡内各校の会長さんと専門部長さんにお集まりいただいて、それぞれ情報を交換していただき、これからの単Pでの活動の一助としていただく事を目的としています。
 会長会では県Pの動きにつきましても、ご報告させていただきます。一般の会員さんには、なかなか郡Pや県Pの動きが伝わらないという問題もあるかと思いますので、今年はインターネットのブログを利用しまして活動の報告を始めてみました。
 各専門部の部長さんにつきましては、単P活動の中心として日々奮闘されていることと思います。そういった中で色んな問題が生じ、悩みを抱えることもあるかと思いますが、関連団体にパイプを持つ会長とは違い、システム的に外部との繋がりが不足していることもあって、運営的につまづくこともあるかと存じます。今日はそういった同じ悩みや志を持ったもの同士が集まっていただいておりますので、十分に情報を交換してきっかけを作ってほしいと願っています。よろしくお願いします。

②報告 県P総会・理事会

 県Pの動きについて要点の説明をさせていただきました。

③会長・専門部長会~全体

 各部に分かれてか活動計画の作成や情報交換が行われました。

 ◆会長会・・・来年は会長と部長だけでなく、副会長にも声を掛けて参加してもらったらどうか、との意見がありました。県Pの懸案事項について説明させていただきました。

 ◆生活指導部・・・各校、街頭パトロールをやっている。通学に安全タスキを用いない学校もあり、群全体で着用するように働きかけては。

 ◆人権教育部・・・‘1人芝居’や‘人権コンサート’など評価の高い活動について、単Pの枠を超えて連携してはどうか。10月下旬に研修会を開く予定。

 ◆保体厚生部・・・各校、資源回収や朝食作り講習会、制服のバザーなどの活動をやっている。

 ◆広報部・・・9月19~20、9月26~27、辺りで研修会を開催予定。

 ◆母親委員会・・・‘中学生のお金の使い方’‘中学生の性’辺りをテーマに講演会を開催したい。
2009.07.15 Wed l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
全国学力テストの成績を公開するかどうかの問題で、赤井郡P会長(南部中)より意見を求められたことは7月25日にアップした記事の通りです。

その後、赤井会長は各単P会長の意見を集約し、29日に開かれた県教委との意見交換会に臨まれたようです。どうやら賛成と反対の両意見あったようで、あえてどちらかの意見にまとめず、両方の意見とその理由を述べるとおっしゃっていました。

私は熟慮の上、「賛成」の意見と次の理由を伝えました。
「テストの結果を公開することは、保護者も教育現場の実態に関心を持ち、子どもたちの更なる教育環境の充実を図るために必要と考えます。保護者と教師の間で、じゃっかんの混乱が生じる可能性もありますが、それこそPTAが主体的な役割を果たし乗り切れれば、学校-家庭-子ども達のあいだの絆がいっそう深まり、教育的効果が波及的に広がる可能性も考えられます。情報は隠すのではなく広く公開して、多様な考えを尊重しつつも、子ども達のために良い方向へ導くのが教育に携わる者と保護者の務めではないでしょうか。」

本日の日本海新聞にも意見交換会の事が記事に取り上げられていました。
今後、どのような結論に至るのか不透明ですが、賛成か反対か、めいめいが考えてみるのも間接的なPTA活動と言えるのかもしれません。

賛成・反対、あなたはどっちですか?

Net 日本海:http://www.nnn.co.jp/news/080730/20080730005.html
2008.07.30 Wed l 郡P l COM(2) TB(0) l top ▲
郡Pの赤井会長(県P理事)より、「こんど県Pで、今春中3と小6を対象に行われた全国一斉学力診断テストの結果を公開するかどうかの問題について協議するので、郡Pとして意見集約をしたい。単P会長のご意見を伺いたい。」と連絡があった。

重要そうな問題なので即答は避け、後日改めて回答する旨をお伝えしました。
本校保護者の皆さんのご意見も伺いたいので、当ブログのコメント(非公開も可能です)かメール(サイドバーに記入欄がございます)にて、お考えをお寄せください。期限は7月27日22時までとします。
よろしくお願いします。

全国学力テストとは:はてなダイアリー
2008.07.25 Fri l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成20年7月21日(月)
ところ:南部中学校
本校出席者:会長、母親委員長、人権教育部長、広報部長、保体厚生副部長、校長先生

年に2回予定されている会長・専門部長会が開かれました。
この会は郡内中学校の会長と各専門部長がそれぞれ一同に会し、単P内の情報を相互に交換することで、各々の活動の推進に役立てようとする趣旨のようです(・・・多分)(^^ゞ

PTA会長は様々な会合等を通じて外部との交流が活発で、比較的に幅広く情報を交換する機会に恵まれている思います。それに比べて専門部の部長さんは単P部内のマネージメントに追われ、やや視点が内向きになりがちな傾向があるように感じます。
今回の専門部長会がそのような現状に風穴を開ける起爆剤となり、PTA活動のいっそうの推進に繋がれば幸いです。

次は2月に第2回目の会長・専門部長会の開催が予定されています。同じく年度内に開催予定の各専門部研修会と合わせて、他校の活動の良いところや面白いところを積極的に吸収していただき、充実した活動を目指してほしいと願っております。

参加いただきました各専門部代表の皆さん、ご苦労様でした。個人的には話し合いに十分な時間が取れたのか若干疑問ですが、話し合いを通じて、いい刺激を受けられたのではないでしょうか!?
夏休み以降のPTA活動に生かして、また頑張りましょうね!
とりあえず、8月3日と24日の草刈り、暑いだろうけど頑張ろーo(^-^)o♪


☆県P研究大会について
   とき:12月14日
   ところ:米子市文化ホール
  今年度は西部地区での開催ということで、例年よりも動員が増えることが予想されます。
  9月下旬には次の理事会が開かれますので、開催内容等の詳細が分かると思います。
2008.07.22 Tue l 郡P l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成20年5月10日(土)
ところ:中山中学校ランチルーム
本校出席者:会長、G副会長、M副会長、教頭先生

郡P総会に出席してきました。
本校からの参加者は会長・副会長2名・教頭先生の計4名。会場は中山中学校。
郡内の7つの中学校からなる郡Pの活動は、各専門部研修会が主となります。
本校では昨年度から専門部の構成を他の6校と同様の体制に改め、郡内他校との研修・交流を通じて単Pでの活動の活性化が図られる事を期待しております。

本校は次年度(平成21年度)の郡P会長校になることが決まっており、今年は郡Pの副会長と県Pの評議員として活動することになります。
1年間を通して様々な会合に出席することになると思いますが、単Pの活動に生かせるようしっかり勉強してまいりたいと思います!

そうそう、総会後の懇親会は楽しかったね~♪
他校の先生やベテラン会長さんから色んなお話が聞けて、大変勉強になりました。
飲ミュニケーションの充実を単Pでも図りたいですね!

☆本年度、郡P副会長・県P評議員に就任
☆来年度は郡P会長校になる
2008.05.11 Sun l 郡P l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。