上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日、高校の校長先生から、本校に東日本地震の被災生徒を受け入れる可能性もあるという話を聞いた。東北地方で被災された方々を、西日本の山陰の小都市で受け入れるなんていう発想が僕にはなかったし、本当にそこまで必要なのか分からないけれど、準備を整え門戸を開いておくことは確かにあっていいと思う。
そういえば我が伯耆町には現在使われていない中学校の寮がある。たまに合宿などで使用はされていたと思うので、掃除すれば直ぐにでも使えるんじゃないか。複数の生徒、もしくは家族ごと引き受けできる建物はある。近くの小学校も中学校も、少子化の影響で教室はガラガラだし。
我々も平成12年に鳥取西部地震を経験している。物資を送ったり義援金を募るなどの支援以外に、地域として被災者を受け入れるという発想があってもいいのではないかと思った。
スポンサーサイト
2011.03.16 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
 変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。
 自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 米子市公会堂が市の耐震調査の結果、耐震構造指標(Is値)が大ホール0・15と診断され、大地震が起きた際に倒壊する恐れがあることが分かり、その存廃が注目されています。

 昭和33年に、市民から募金を募って建設費の一部に当てられ完成した1000余名収容の大ホールを備える公会堂。その後、平成3年に米子市文化ホール、平成10年にビッグシップが完成するまで、米子の文化の拠点として存在していました。グランドピアノをモチーフにした外観は個性的で、有名な建築家による設計だそうです。今後、耐震補強して存続させるか、または厳しい財政事情をかんがみ解体されてしまうのか、米子市民でなくとも気になるところです。
 
 さて、この公会堂の存廃問題と少し似た話がわが町でも起こっています。町内の小中学校の耐震調査の結果、7校中5校において耐震補強が必要との診断があり、学校の統合問題が教育委員会によって検討されています。今のところ教育委員会は小中一貫教育を推進するとの立場から、五つの小学校を二つに再編し、それぞれ旧町単位で小中一貫教育を進めるということを考えておられるようです。一部の住民や保護者からは、地域に学校がなくなれば一気に寂れるのではないかという危機感もあり、まだまだ双方の溝は深いという印象です。
 
 米子市の公会堂と我が町の学校統合の問題、どちらも財政と行政サービスのありかた、住民同士の連携、行政と住民の建設的な議論の場の確保が問題解決のために必要なのではないかと感じています。
2010.04.22 Thu l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
私たちは高い目標を持っているからこそ、多くのことをやり遂げられるんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 先日、審査員として参加した県P広報紙コンクール予備審査会。ここを突破した36作品をもって開かれた本審査会の結果が先週発表され、みごと溝中PTAだより「きずな」が努力賞に入賞しました! 以前から溝中PTAだよりは広報紙としてレベルが高いと感じていたのですが、なぜだかこれまでは無冠のままでした。しかし今回の入賞により、本校広報部のレベルの高さが証明されたと自負しています。また広報紙の出来の良さのみならず、部会のムードがよくて、部員の皆さんが楽しみながら集まられていることも本当に素晴らしいことだと思います。ただ今回、小中の広報紙全98点を審査した経験からいえば、まだまだ上には上がいるなぁ~というのも事実です。今回の結果はゴールではなく、新たな出発点として発展されることを望みます。
 当然ながら賞を狙うことが広報紙発行の目的ではありませんが、せっかく知恵をしぼり汗をかきながら作るのですから、会員の皆さんが楽しみにして手に取り目を通すことで、さらにPTA活動が活性化し、子どもたちに様々な形で還元できるものとなるよう願っていますし、必然的に読み応えのある広報紙が上位に入賞しています。
 ともかく、楽しみながら、結果も出された広報部の皆さんに、感謝とお礼を申し上げたいと思いますm(_ _)m
2010.04.21 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
植村花菜さんの「トイレの神様」という歌がラジオから話題になり、Youtubeなどでも公開されています。
トイレには神様がいるからきれいにしなさいと教えてくれたおばあちゃんと孫娘の歌で、不覚にも泣けます。
親子とか家族とか、暖かい気持ちや関係性を現代社会は少しずつ失いつつあることに警笛を鳴らす秀作だと思います。
ぜひご覧になって下さい。
なお現時点では、CDは未発売のようです。




にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.28 Thu l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取県は、県内の子育て情報を集約したホームページ「子育て王国鳥取県」をオープンさせました。
子どもの年齢別に医療・福祉や教育などの子育て情報をまとめてあり、工夫されています。
当ブログにもリンクを挿入しましたが、子育て中の皆様もPCブラウザーのお気に入りに加えて活用されてみてはいかがでしょうか。
「心とからだ いきいきキャンペーン」もよろしく!(笑)

子育て王国鳥取県:http://www.kosodate-ohkoku-tottori.net/index.html


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村

2010.01.27 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
ちょっとソースが古いですが、日経MJ(日経流通新聞)に「ベジミーティング」なるものが取り上げられていたようです。
企業の会議に付き物の‘コーヒー’や‘茶菓子’を‘野菜ジュース’や‘野菜スティック’に置き換えようという北欧では以前から親しまれているスタイルだそうです。会議の多い忙しいビジネスマンに対し、栄養補給・健康増進(メタボ対策)・脳のリフレッシュ等をねらって導入されたものらしいのですが、これってPTAの役員会なんかでも活用できそうだと思いませんか?
役員さんのお家で採れたプチトマトやきゅうりなんかを持ち寄ったり、飲み屋さんの付け出しの感覚でいろんなアイディアが浮かんできそう☆ ハーブに詳しい方がいらっしゃったっらコーヒーの替わりにハーブティを頂くのも面白いかも♪ 何よりもこういうのって楽しいし、きっと会議の雰囲気も一味違ってくると思います。「食育」や「地産地消」にもつながりそうだし、活動の幅が広がるかもしれませんね。
一度、試してみませんか!?
2009.06.10 Wed l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
定期配信されて読んでいる日経ビジネス・オンラインに、「子供をネット犯罪から守るのはだれ?」との記事が載っていました。
現在クローズアップされているフィルタリングより、有効なのがプロの“ネット教育者”の育成とのことですが、最も危険なのが無知な保護者による携帯電話の安易な買い与えなのではないでしょうか。
国境さえないネットの世界には田舎も都会もありません。純真な子どもたちと悪者をさえぎる壁はないのです。子どもに携帯電話を与えた瞬間に、危険がその手のひらに乗っていることを認識すべきです。

この問題は本年度も重要な案件としてPTAで取り組んでいきたいと思います。
生活指導部ではネット問題のアンケートを取る計画を立てています。その際には会員の皆さんのご意見もお聞かせ下さい。

日経ビジネス・オンライン:「子供をネット犯罪から守るのはだれ?」
2008.06.09 Mon l ニュース l COM(0) TB(0) l top ▲
千葉の県立高校、入学金未納の生徒を入学式に出席させず -YOMIURI ONLINE-

 千葉県八千代市の県立八千代西高校(生徒339人、大迫太校長)が、8日の入学式で、入学金を持参しなかった新入生の男女生徒2人について、滞納する可能性があるとして式に出席させず、別室で待機させていたことがわかった。

 2人は同日中に入学金の全額または一部を納め、式終了後、それぞれ校長室で入学許可を言い渡された。
 須藤信夫教頭は「入学金を納めないと、県条例により入学させられず、式に出席させても入学者として名前を読み上げられない。みんなと一緒に入学させたかったが、苦渋の判断だった」としている。

 須藤教頭によると、同校は新入生159人の保護者に対し、3月上旬に郵送した文書と同月中旬に開いた入学説明会で、入学式当日に入学料5650円や教材費など計9万円を持参するよう連絡。用意できない場合は分納でも可能と説明した。

 生徒2人は別室で待機中などにそれぞれ保護者と相談。結局、男子生徒は昼ごろに9万円全額、女子生徒は夕方に2万円を、それぞれ母親が持ってくるなどして納入したという。

(2008年4月13日17時54分 読売新聞)



子供には何の責任もないですよね。入学金を持たせなかった保護者と、入学式に出席させなかった学校。。
一般的には、ルールを守らなかったのだから仕方ないと考えることもできますが、ここは教育現場ですから、子供たちに与える影響というものが最優先されるべきだと思います。

この件で、学校・生徒・保護者のあいだに亀裂が生じることのないことを望みます。
2008.04.14 Mon l ニュース l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。