上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 人は他人の悪を見つけては言いふらす。
  そして自分の悪は隠してしまう。まるでペテン師のように。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

◆日本PTA中国ブロック研究大会米子大会◆

  と き:平成22年11月13日(土)
  ところ:米子コンベンションセンター“ビッグシップ”大ホール
  参加者:2000名以上

 いよいよ大会当日を迎えました。我が運営部の仕事は舞台上の小道具の出し入れと、客席入口での参加者の誘導です。私も本部役員として運営部担当ということになっていますが、特に仕事を与えられているわけではないので、あっちこっち回って手の足りなさそうなところを手伝っていました。
 今回、私が気付いた範囲で、大会の運営上一番のミスと思われるのが、座席が足りなくて立ち見の参加者がでたことですね。もともと参加申し込み数よりホールの収容人数が少ないのですが、欠席見込み数の見積もりが甘かったようです。僕もポツポツある空席を詰めてもらって、立ち見の方に座っていただいたりしましたが、会場を全部回りきれませんでしたし、どれだけ役に立てたのか疑問が残ります。
 準備不足が心配された運営部でしたが、与えられた最低限の仕事は完璧にできたと思います。部長さんのリーダーシップは大変に立派でした。

 野口健さんの基調講演は絶対に見たかったので、時間前に舞台の袖で待機していました。野口さんの登壇時間になると、スーツを着た男性が僕の横へ。。。野口さんって意外と小柄でした(#^.^#) 講演は非常に面白かったですね! 独特の話術で、生死を掛けた冒険の話も楽しんで聴けちゃいました。人間生きてりゃ色々ありますけど、重大な決断を迫られる場面でも、野口さんのようにスパスパッっと立ち回りたいものです。

 野口健さんの講演は良かったけど、全般的に参加者のみなさんにとって有意義な大会となったのでしょうか? 多数の参加者を迎えるにあたって、おもてなしの心遣いやプログラムの組み方など、もっとやれることがあったのになぁ~と、個人的には後悔でいっぱいですけど。来年開催の広島県さんには、もっともっと頑張ってほしいと願っています。 

スポンサーサイト
2010.11.19 Fri l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 他者を自分の思うように変えようなどと思わないことです。その試みは愚かです。
  
  人は自分で変わろうと思わないかぎり、変わることなどできはしないのです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

◆中ブロ研究大会米子大会 運営部打ち合わせ◆

  と き:平成22年11月9日(火)19:00~
  ところ:米子コンベンションセンター
  参加者:30名弱

運営部のメンバーが集まって、会場で打ち合わせ。大会の4日前にして初の実行委員集合です。色々と説明も受けましたが、当日はリーダーの指示にただただ従うのみですな。
2010.11.11 Thu l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
  言葉のキャッチボール、実際のキャッチボールと一緒で、
  たまに明後日の方向に飛んでいくぐらいが面白い。
 
  ブログランキング・にほんブログ村へ


中ブロ米子大会の実行委員会なんだけど、ここしばらく案内が来ないね!?
作業は進められているけど、僕には声が掛からなくなってるんだとしたら、
こっちにとっても好都合なんだが!(^^ゞ

いやいや、新役員さんの責任感の強さに脱帽です!!

2010.07.27 Tue l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 人間を構成している成分は約1年で90%入れ替わる。
 人間は川のように流れ移り変わる。
 本当の自分など存在しない。

 ブログランキング・にほんブログ村へ


◆日本PTA中国ブロック研究大会米子大会
                         第6回実行委員会◆


とき:平成22年5月19日(水)
ところ:米子市公会堂

各郡市のブロックPTAにおいて新年度の体制が整い、この実行委員会にも新メンバーが加入してこられました。
今回は実行委員会事務局より運営・企画要綱マニュアルが配布され、これをたたき台に各専門部が準備を進めることになりました。
ようやく実行委員会もエンジンが掛かってきたというところでしょうか。
西伯郡小・中P連担当の運営・進行部では、次回は単独で専門部会を開催し、ブロック役員と実行委員長を召集し、職務内容の確認と役割分担の作業を進める予定です。

2010.05.23 Sun l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
 神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。
 ただ、挑戦することを望んでいるだけ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村

◆日本PTA中国ブロック研究大会米子大会 第5回実行委員会◆

とき:平成22年4月27日(火)
ところ:米子市公会堂

高校PTAの役員会と日程が重なり、会場が近くだったので子どものチャリンコを借りて顔だけ出してきました。
一応、専門部部長なので高Pの方を優先!

【協議内容】
◇協賛について
◇アトラクションについて
◇今後の活動について(役割分担詳細)

※次回の実行委員会は5月19日に開催予定
2010.05.19 Wed l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
◆日本PTA中国ブロック研究大会米子大会 第4回実行委員会◆

とき:平成22年3月26日(金)
ところ:米子市公会堂

◇協賛について

 ・大会経費を補充するために大会資料に広告を募る事が既に決まっている。
 ・予算上の目標金額は90万円だが、協賛募集活動の目安として目標金額を100万円に設定。
 ・学校割で目標を設定する。
  米子市(小中35校)=単P2万円=小計70万円。
  境港市、西伯郡、日野郡(小中37校)=単P1万円=小計37万円
  ※目標合計107万円
 ・協賛募集の期限は8月末。
 ・協賛者様には入場券付きプログラムを進呈する。
 ・広告は白黒
 
 ※西伯郡中Pには全7校に対し合計7万円の目標。
  平成22年度のスタートを待って割り当て等を協議しスタートしたい。

◇その他

 ・次回の教育問題委員会の招集時(4月上旬)に実行委員会のミーティングを持つ。
 ・次の実行委員会は1ヵ月後をめどに開催予定。
 ・すでに大会組織上の割り当ては決定しているが、実際の活動が全く進んでいない。
  各部において、どこからどこまで作業上の責任が存在するのか明確でなく、動くに動けない状況。
 ・次回の実行委員会では、各部の作業を明確にし、全役員が大会全体の流れを掴む体制を整える事を確認。
 ・大会日程において、受け付け時セレモニーとアトラクションについて内容が未決定。
 ・会場内で昼食の弁当を食べることが現時点で許可されていない。(規定により会場内は飲食禁止らしい)
  引き続き管理者に対して要望していく。
 
 今回の実行委員会は協賛についての協議がメインでした。単Pごとに1万円(米子市は2万円)の募金を集めるというノルマが課せられることに決定。実際の作業は単Pにお願いせざるを得ないので、西伯郡中Pとしては5月の総会において協議・決定し、新体制になってから協賛活動をスタートさせるのが良いのではないかと考えています。
 セレモニーとアトラクションに関しては、子どもたちの琴の演奏や太鼓などの演技発表などを検討されているようです。そうすると大会日程は、受け付け時セレモニーに子どもたちの演技発表、実践発表として「劇団ぴゅあ」の演劇、アトラクションに子どもたちの演技発表、最後に野口健氏の記念講演という流れになります。個人的には全体を通して、なんとなくもや~っとした印象を受けます。日程の中にひとつでも現実的な問題に対する提案なりメッセージを盛り込めれば良いのになぁと考えています。以前の実行委員会で「たとえば‘鳥取方式の校庭の芝生化’に関する情報提供や県内の取り組みを紹介してみたら!?」と提案してみましたが、あっけなくスルーされました。他にもいろんなアイディアがあると思いますが、鳥取らしくて即効性のある問題提起ができたら、大会がもっと盛り上がる気がしてなりません。やっつけ仕事を片付けるような雰囲気では、最後に満足できる結果が付いてくるのか疑問です。
2010.03.30 Tue l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
◆日本PTA中国ブロック研究大会米子大会 第3回実行委員会◆

とき:平成21年12月15日(木)
ところ:米子市公会堂
出席者数:9名

第3回目の実行委員会です。素朴な疑問なのですが、実行委員会の参加者が毎回少ない気がします。
現在は平成20年度と平成21年度の西部地区選出の県P理事が実行委員会のメンバーであるそうなので、単純に計算しても16人くらいはいる筈ですが、出てくるメンバーはほとんど同じ顔ぶれで毎回9人程度です。
そもそも誰が実行委員なのかの概要も私には分かりません。
大会の実施計画を進める上で現時点で支障はないのかもしれませんが、こういった基本的なことをきちんと押さえておく事は大事なことだと僕は思います。
どこかの総裁の言葉じゃないですが、「みんなでやろうぜ!」っていう意識を高めて、大きなプロジェクトに向かいたいものです。


①役員割り当てについて

大会を運営する専門部を五つ設けて、それぞれを担当するP連を配置しました。
西伯中Pは西伯小Pと合同で『運営・進行部』の担当となりました。内容は以下の通りです。

☆会場設営
☆壇上誘導
☆壇上各場面運営・準備
☆会場内案内板設置・確認
☆音響・照明・録音

細かい振り分けは今後、各部門の詳細が分かってから西伯小Pと協議して配置します。
運営委員として西伯中Pより10名程度の動員をお願いする予定です。この運営委員は有料大会参加動員(35名)とは別枠で集まっていただく事になりそうです。
なお、有料大会参加者の参加費用の負担や運営委員の活動旅費等について、群Pとして費用負担の持ち方を検討しなければなりません。

◇大会運営委員に西伯中Pより10名動員。
◇運営委員には当日の弁当支給以外に実行委員会から報償はなし。(ブロックPの負担)
◇通年より大幅増となった参加動員に対する費用負担をどこに求めるのか協議が必要。(例年通りブロックで全額負担できるのか)



②大会予算について

収入の部に関して、関係各機関からの補助金の増額が期待できるとの報告がございました。


③広告について

大会の協賛広告の集め方について協議しました。目標は90万円となっておりますが、昨今の経済状況をかんがみ、集め方の工夫が必要との意見を元に対策を検討しました。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村


2009.12.16 Wed l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年10月2日(金)
ところ:米子市公会堂
出席者数:9名

①松江大会でのPR活動について

 今年開催される中国ブロック松江大会にて、来年度の米子大会のPRをします。
 その打ち合わせを詰めました。その結果、私の人生初の着ぐるみを体験することに!

②1次案内チラシについて

 松江大会で来場者に配布する米子大会のチラシの作成について協議。
 予算と紙面の大まかなレイアウトを決定。

③その他

 ・実行委員の旅費(経費)について協議。
 ・実行委員会の組織図の作成を急ぐことを確認。
2009.10.07 Wed l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
とき:平成21年7月1日(水)
ところ:米子市公会堂
出席者数:10名

平成22年11月13日(土)に開かれる中ブロ米子大会の第1回目の実行委員会です。第1回目とは言え、すでに前年度から西部地区選出の県P理事を中心に、開催期日・会場・実行委員長の選出を終えており、今年度からはいよいよ具体的な内容の詰めに入ることとなるようです。実行委員の顔ぶれは昨年度と今年度の西部地区選出県P理事と会長・副会長のようです。そういえばメンバーの一覧表みたいなものの配布も無かったので、正確なところは不明です。当面の人員は20名程度といったところでしょうか。来年度になれば更に新理事が実行委員として参加するそうです。

☆大会運営・内容について

 大まかなタイムスケジュールの枠組みを決めました。まだ内容については未定で空白の時間帯もあり、今後詰めていきます。

☆講演内容について

 多くの方に興味を持って参加していただけるよう知名度と人気があり、かつPTAのテーマに沿う後援をしていただける人をお呼びしたいとの事から検討しました。おおむね3名程度に候補を絞り、更に交渉を進めるとのことです。演者さんの候補については緘口令がしかれましたので、申し訳ございませんがお知らせできません。

☆PR隊について

 今年の松江大会の中で、次年度開催である米子大会の自己PRをする時間をいただけるようです。実行委員を中心にPR隊を組み、次期大会のアピールをする予定です。

☆その他

 来年の米子大会では、開催県でしかも会場が地元西部地区ということで、例年を大きく上回る動員が予想されます。郡市の協議会で来年度の予算を検討する前に動員割り当て数を知らせてほしいと要望しておきました。

 今年の松江大会について西伯中Pへ動員が8名に増員されることとなりました。予備費等を工面しながら対応が可能と思われます。人員につきましては次の郡P会長会で協議したいと思います。

 実行委員の交通旅費については実行委員会より薄謝が支給されるようですので、郡Pなどからの負担については心配しないでいいようです。

 
2009.07.02 Thu l 中ブロ米子大会 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。