上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 大人が育たない場所で、子どもだけ育てというのは無理です。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 このブログを始めてからもうすぐ丸3年になります。1年目が中学校のPTA会長。2年目にブロックPの会長と県Pの理事。そして3年目は高校のPTAで人権部の部長です。こういう大抵の人が嫌がる大役は一度受けると止めどなく声が掛かるシステムになっているらしい慣習を知ったときには後の祭りでした。しかし中学校と高等学校でPTAに関わる人材の情報が共有されていたなんて、想像もしてなかったですね。高校の入学式を迎える前に、見も知らぬPTA会長さんから直電が掛かってきたときにはマジでビビった! …それが今では自分が電話する側になってるし

 PTAの特徴は組織の構成員(特に保護者を指すのだが)が毎年入れ替わることにあると思います。1年単位で役員も入れ替わるから事業の継続が難しい。強い思いがあって始めた志の高い立派な行事も、次の年には始めた人が卒業しちゃって、とっとと形骸化していくケースも見てきました。そもそも会社(経済活動)じゃないんだし、たまたま子どもが同じ学校に通うからって無理やり集められたボランティアの組織なんだから、それぞれの意識はバラバラで当然。いろんな矛盾を抱え込みながら、一部の崇高な志を持った人と、頼まれたら断れない心優しい人たちで何とか運営されているのが現状です。ちなみに僕は後者であることは明言しときますけど

 こういった状況を打開するためにも、何年か続けてPTA役員を務めていただくプロパー、『PTAのプロ』が必要だと思った。継続的にPTAの課題や成果をその都度検証し、それを引き継いでいくようなシステムを構築できなければ、場当たり的な運営ではたちまち立ち行かなくなり、結果的に意味のない無益な仕事ばかり増えることになりかねません。ということは、冒頭の『PTAの大役を一度受けると止めどなく声が掛かるシステム』というのも、実は有益であるって結論になりますね ま、それも人物次第って話であって、僕はとっても“PTAのプロ”なんて呼べる代物じゃないしな なかなか難しい問題です。

スポンサーサイト
2011.03.25 Fri l PTA l COM(2) TB(0) l top ▲
 英雄を必要とする国は不幸である。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

県教育委員会より、平成22年度版の“みんなのPTA”が完成した模様です。
PTA活動を真面目に考えようとするならば、意外と使えるデータ集となっています。
PTAが、こういったものを有効に活用するような組織であれば、そうとうな力を発揮するんだろうけどね。。

 みんなのPTA 第39集 【こちら

2011.03.08 Tue l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
 人は誰しも生まれながらに心に鬼がいる
  ある人は鬼と戦い、またある人は鬼に愛を感じる

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 先日、所属するPTAの会長さんと行事のことについて電話でお話し中、「父ちゃんさん(仮名)は人権のスペシャリストだから…」と、僕のことを事もあろうに人権のスペシャリストと形容していただいた。僕は携帯電話を抱えたまま「誰がスペシャリストやねん。ペーペーだっつーの!」と頭の中で呟きながら仰け反った。PTAの人権部に所属して、右も左も分からない中で学び続けた1年。たった1年でスペシャリストになれちゃうくらい世の中一般の人権意識が低いっていうことなのかな~と考えてみたり。。

 この「人権のスペシャリスト」というセリフ、実は半年ほど前にお世話になっている隣保館指導員の坂田かおりさんに対して僕が形容して使った言葉だった。巡り巡って自分に返ってきたのが感慨深い。会長さんの言葉には感謝しつつ、「もっと頑張れ」とエールをいただいたと受け止めています。人権を学ぶことは、自分の周りに目を向けることだという気がします。そして人権を学び周りに目を向けることで、自分自身が変わっていくことも実感しています。
 “自分に返ってくる”っていうのが、今日のキーワードですね。
2011.03.05 Sat l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は高校の卒業式があります。PTAを通して、少なからぬ縁を感じる子どもたちの旅立ちの日です。
また、PTAの仲間として一緒に活動してきた卒業生の保護者さんとも、お別れの区切りとなる日かな。
毎年、少しづつ仲間が入れ替わる学校と、それに寄り添うPTA。
今日を一区切りにし、夢を追いかけて新たなステップを踏み出していきましょう。

YouTubeから定番ソング旅立ちの日にです。
ハンカチを用意してお聴き下さい♪


ご卒業、おめでとうございます

2011.03.01 Tue l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
 空を飛ぶことを可能にしたのは、空を飛ぶ夢である。

 ブログランキング・にほんブログ村へ


◆M中 保護者による公開授業◆

昨日、M中学校では1日学校公開日が行われました。
今年の一日参観日はPTAとの共催で行われ、保護者(一般参加者を含む)を対象にした「英語の歌に挑戦」や、スクールソーシャルワーカーの先生による「家庭教育について語り合おう」などの授業もありました。
さらに3年生には「未来のあなたへ」と題して、3人の保護者の講和を聴く授業が設けられました。私も現役の保護者ではないにもかかわらず、15分ほど今時の高校生についての話をしてきました。ちゃんとメッセージが伝えられたのか自信がありませんが、保護者による公開授業という試みは大変に面白いと思うので、ぜひ次の開催にも期待したいと思います。

2010.06.23 Wed l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
  成功とは正しい判断の結果である。

  正しい判断とは、経験の結果である。

  そして経験とは多くの場合、間違った判断の結果である。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


M中学校では昨年度、県Pより団体表彰と広報紙コンクールの努力賞入賞、さらに不肖わたくしの個人表彰と、合計三つの表彰を受け、6月5日の県P総会の前の表彰式にて表彰されました。
表彰式には会長が代表で出席し、本日M中学校で会長より個人表彰の賞状を受け取りました。
あわせてPTA広報紙の記事にしたいとのことで、広報部長に三人揃っての記念写真を撮ってもらいました。

M中学校PTA、今年もさらなる飛躍を期待したいと思います!

あと、依頼された一日参観日でのPTAによる公開授業のテーマは「未来のあなたへ」なんだそうだ。
ん~、重いなぁ。。。。

2010.06.14 Mon l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
  無理してする努力ってとっても疲れるよな…。

  ボクたちは努力して何を目指しているんだろう。

  何かを目指して安心しようとするけど、何かを失ってはいないだろうか…。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 中学校のPTA会長さん(僕の後任の方です)から連絡がありました。校長先生の発案で、今度の一日参観日では保護者が先生になって授業をやろうということになったそうです。アイディア自体は先生から以前に聞いていて、僕も「メチャメチャ面白そうですね!」と賛同していたのですが、今回やっと実現したようです。

 50分の授業を3人の保護者が15分くらいずつ学生時代の体験話を交えて話をしようということになったそうです。会長さんから、「自分ともう一人は決まったけど、あと一人決まらないので、なんとかヨロシク!」ってことで、現役保護者じゃないのに私も参観日に授業を持つ一人に決まりました(爆)
たった15分だけど、将来有望な子どもたちに授業で失態は演じられませんので、しばらくは何を話すか悩ましい日が続きそうです。

 話す順番は私が3番目らしいので、話し好きな会長さんの話が長引いて僕の番がカットされたら、それはそれでいいですけど(笑)
2010.06.13 Sun l PTA l COM(0) TB(0) l top ▲
 幸せになりたいって言葉は、
 ポジティブなのか、ネガティブなのか。

 ブログランキング・にほんブログ村へ


◆人権・同和教育振興会議研修会〔PTA対象〕◆

とき:平成22年6月5日(土)
ところ:米子市文化ホール
主催:西部地区人権・同和教育振興会
参加者数:123名

小中高のPTA人権教育推進部員を対象とした研修会に参加してきました。
内容はワークショップによる「大震災が起こったときに生じる問題」から、日本国憲法との係わりを考え、人権について考察するといった流れでした。
今回の会では、「人権教育=同和問題をはじめとするあらゆる差別問題」という、よくある括りから外れたもっと大きな、人が幸せに暮らす権利、誰にもある保障される権利について憲法を通して考えるもので、私にとっては新鮮な研修会となりました。

人権教育が様々な差別に気づき支えあうという点とともに、皆が等しく幸せに暮らせるような頑丈な基盤を持った社会を構築していくための学びの場でもあるというのは、遅ればせながら新たな発見でした。
今後の人権教育活動に生かして生きたいと思います。
2010.06.07 Mon l PTA l COM(2) TB(0) l top ▲
 ネットサーフィンしてて見つけた『教育の窓・ある退職校長の想い』というtoshiさんのブログのエントリー「ひらかれたPTA」。そこには9年前、僕がPTAに入会したときに考えた理想的なPTAが実現していた。PTAの活動は、やりたい人が、やりたい事を、やりたいだけやる。マンネリとは無縁で意欲的なPTAの姿だ。
 
 僕と同じことを考え、それが既に組織として起動しているとは驚いた。僕の役員会での発言が完全にスルーされ、面倒くさい奴扱いされたのとは大違いだ。この記事を読んで、「そう言えば、僕もこんなことをやりたかったんだな~」と感慨深い。未だに現在のPTAの有り様には違和感が拭えないので、当時のスピリットは失われてはいないと思うけど、それを貫き通すのに疲れ果てた。日本のどこかに同志がいると分かっただけで幸せだ。今夜は祝杯をあげよう♪

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.03.02 Tue l PTA l COM(2) TB(0) l top ▲
鳥取県教育委員会は「みんなのPTA」第38集 ~21世紀をになう子どもを育てるPTA活動~ を作成し公開しました。
PTAの目的から組織運営・活動事例・参考資料など、幅広く活用できる内容となっております。特に各層のPTA役員各位にとっては、困ったときに知恵やヒントを授けてくれるバイブルになると思います。
以前は冊子形式で作成されていましたが、現在はHPでの公開のみとなっております。PDFファイルの掲載もございますので、必要に応じてプリントアウトするなど、工夫してご活用下さい。


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.02.24 Wed l PTA l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。