上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 無理しなくていいし、焦らなくても大丈夫。
  必要なものは全部、自分の中にあるから。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

◆女金八先生 香葉村真由美さん◆

 今年出会った素敵な人たち、弓削田健介さん・大嶋啓介さん・中村文昭さんと繋がっている香葉村真由美さん。どんな方なのか調べてみたら、とても興味深い方だと知りました。渡部天真さんのメルマガ、『 こころは超臨界 』より、香葉村さんのエピソードをご紹介します。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【ここから転載】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「子供たちの『命』が教えてくれたこと」
 香葉村真由美・福岡市小学校教諭

ある日、23歳のサヤカは久々に私に会いに来てくれました。しかし、
驚いたことにとても痩(や)せていて、手首にはリストカットの痕(あと)
があるのです。聞いてみると、彼女の周りで辛い出来事が相次ぎ、それ
を自分の責任と思って苦しんでいる様子でした。

「なんてことしたの」

私の一言にサヤカは一瞬ハッとした表情を浮かべました。きっと痛いほ
ど自分で理由がわかっていたのでしょう。そのサヤカに私は言葉を続け
ました。

「サヤカ、命は一つしかないんだよ。大切な一つなんだよ。頑張るんだ
よ。頑張らなきゃ」

「分かっているよ、先生。私、分かっている。頑張るよ」

そして別れ際、私はもう一度、言いました。

「サヤカ、頑張るんだよ」


●数か月後、サヤカが大量の薬を服用して自らの命を絶ったという知ら
せが届きます。香葉村先生は、サヤカが最後に会った大人が自分だった
と聞いた時は頭をハンマーで殴られたようでした。

●サヤカはきっと、自分を受け入れてもらいたくて会いに来たに違いあ
りません。香葉村先生はそれを「頑張ろう」「命は一つしかない」とい
う教科書どおりの言葉を使って対応してしまったことを悔やみます。

●教師としてだけでなく人間として自信を失いかけていた香葉村先生は、
あるきっかけから小豆島で“てんつくマン”を中心に人々がともに学び
合う場があることを知り、そこでの生活に参加します。

●小豆島で、人間の素晴らしさは肩書など目に見えるものでなく、その
人の人間力だと気づかされます。「もう一度夢を追いかけて生きてみた
い」という思いを胸に小豆島から帰った香葉村先生は、6年3組を担任
することになりました。

( 同 )

私はそれまで誰にも話さなかったサヤカのことを初めてクラスのみんな
に話し、「先生は二度と子供たちにサヤカのような思いをさせたくない」
と訴えました。そして、何があっても目の前の子供たちを信じ続けよう、
愛しぬこう、卒業式では32人全員をこの教室から笑顔で卒業させよう
と堅く誓ったのです。

この年、受け持った一人にシュウがいます。シュウは1年生から4年生
まで辛いいじめに遭い、5年生になると急に攻撃的になりました。クラ
スメイトを叩く、殴る、暴言を浴びせかける……。その行為は次第にエ
スカレートしていきました。

6年生になったシュウのイライラが募り始めたのは5月、体育会の練習
が始まった頃からでした。リレーで抜かれるだけで怒って砂を投げたり
するのです。みんなは「シュウを何とかしてください」と訴えます。私
も何度も話したり、怒ったり、褒めたり、考えられる限りのあらゆる手
を尽くしましたが駄目でした。逆に蹴(け)られ、唾(つば)や砂をかけて
反抗されるばかりでした。

自宅に帰り、洋服の砂を払い落としながら、それまで抑えていた涙が溢
(あふ)れました。悔しくて、情けなくて大声で泣いた日のことをいまも
覚えています。

その次の日、シュウは学校を休んでいました。私はみんなに「ごめんな
さい」と謝りました。「先生はシュウもこの教室から卒業させてあげた
かったけど、先生一人ではどうすることもできない。でも、先生は諦(
あきら)めきれない。人を信じること、人を好きになることを、どうか
みんなでシュウに教えてあげてほしい。そのかわり先生はみんなを全力
で守るから……」

私のその声にみんなは「先生やろう。シュウがいたからこんないいクラ
スになったと言えるように、一緒に頑張ろうよ」と答えてくれました。

子供たちは大きく変わりました。皆がシュウの行動を受け入れてくれる
ようになったのです。叩かれてもジッと我慢し、叩こうとするシュウに
「怒っているんだね。でも人を叩いたらいかん」と毅然(きぜん)と言い
放つ子も出てきました。その姿を見て私も命を懸けてシュウにぶつかる
ことを決意したのです。

ある時、シュウは私に、なぜ自分がこんな態度をするようになったか分
かるか、と質問してきたことがあります。

「分からない。何があったの」

沈黙の後、彼は言いました。

「俺は、俺は、ただ友達が欲しかっただけなんだ!」

そう言うと爪(つめ)で床を引っ掻(か)き大声で泣き始めたのです。私は
そんなシュウが愛(いと)おしくて、いつまでもジッと抱きしめていまし
た。シュウが笑顔を見せ、みんなに心を開くようになったのは、それか
らです。

私はどんな子にも素晴らしい可能性があることを知っています。教師に
大切なのは、可能性をどこまで信じ切れるかです。信じ切っていれば子
供たちは絶対に裏切ることはないのです。

それはサヤカが命を懸けて教えてくれたことでした。だから私は亡くな
ったサヤカの分まで人生を生きようと思っています。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑【ここまで転載】↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


 菊池みどりさんの子育て【ひまわりセミナー「子どもの人権」】、愛着障害の講演会【「愛着障害」の意味するものと私達の役割「みんな、しんどいねん!」】と、同じメッセージを感じます。シンプルなことだけど、実践するには覚悟のいることです。ぜひ直接お話が聴きたいと思います。さらに調べてみたら、なんと今月、静岡県で大きなイベントがあるようです。

“あこがれ先生プロジェクト!! in 静岡”

 と き:2011年8月20日(土)午後1時~4時30分
 ところ:島田市民会館 大ホール

 本気の先生たち集うビッグイベントのようです。僕も本気で行きたかったけど、既に予定が……(泣) いつかリベンジを!!

 *中村文昭-旅日記-「あこがれ先生プロジェクト!!in 静岡」
スポンサーサイト
2011.08.01 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
 人は、本当はお金に代えられない価値あるものをいくつも持っているのです。
 
   ブログランキング・にほんブログ村へ

◆乞食の天使◆

 最近のことですが、出掛けた講演会で紹介していただいて出会ってから親しくさせてもらっている“スマイルさっちゃん” mixiで毎日のようにあったかい日記を更新されているのみならず、素敵なエピソードを散りばめたメルマガも発行されています。先日は杉浦貴之さんのライヴを米子で主催されました。僕は所用でドタキャンしちゃったんですが、とっても感動のイベントだったと友人からも伺っております。次回、主催されるときには必ずお手伝いさせていただく所存です(笑)

 3日ほど前に発行された“さっちゃん”のメルマガに感動的なエピソードが紹介されていましたので、こちらにも転載してお知らせいたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【ここから転載】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

中井俊已さんの新刊の文庫

『読むだけで「人生がうまくいく」48の物語』
http://www.tsukiten.net/goodbooks.html

は、グッときたりジーンときたりする、選りすぐりのいいお話が詰まった、とても素敵な本です。

その中に、「乞食の天使」というスペインの民話があります。

かいつまんでご紹介しましょう。

このお話の中では、天使が乞食の姿で現れます。
その乞食の天使が、靴屋さんのところに来るのです。

乞食ですから、何かを恵んでほしいのだろうと靴屋さんは察しますが、

「自分は朝から晩まで働いているのに、家族を養うのにも困るくらいで、何も持ってない。
 持っているのはガラクタばかりだ」と伝えます。

すると乞食は、

「では、私が何かあげましょう。お金だったらいくら欲しいのですか?」

と訊くのです。靴屋は冗談だと思って、

「では100万円くれるかい?」

と笑って答えると、乞食は

「では100万円差し上げましょう。けれどその代わりに、あなたの足を私にください」

と言いました。それを聞くと、靴屋は

「冗談じゃない! 足がなければ立つことも歩くこともできない。たった100万円で足が売れるものか!」

と怒ります。すると乞食は、さらに言いました。

「では、1000万円差し上げますから、腕をください」

「この腕がなければ、仕事もできないし子供の頭もなでられない。1000万円でこの腕が売れるか!」

「それでは、1億円差し上げますから、代わりに目をください」

「この目がなければ、美しい風景も家族の顔も見られない。1億円でこの目が売れるか!」

すると乞食は、靴屋をじっと見つめて言いました。

「そうですか。あなたはさっき、何ももっていないと言っていましたが、
 本当はお金に代えられない価値あるものをいくつも持っているのですね。
 しかもそれは、全部もらったものでしょう・・・」

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑【ここまで転載】↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 人って自分が持ってないものに目が行き、ないものねだりをしがちですが、自分がいかに恵まれていて幸せなのか忘れちゃってるところってありますよね~。しかも全部もらったものでしょうなんて言われたら、返す言葉がございません……
 命を授かり、生かされていることのありがたさが心に沁みるお話でした。

読むだけで「人生がうまくいく」48の物語 (成美文庫)読むだけで「人生がうまくいく」48の物語 (成美文庫)
(2011/07/05)
中井 俊已

商品詳細を見る


 スマイルさっちゃんのmixiプロフィール:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=17593858
 メルマガ[スマイルさっちゃんの今日の一言 ]:00574724s@merumo.ne.jp に空メールで講読できます。
2011.07.31 Sun l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
 人生を振り返った時、
  神経をとがらせて生きて良かった!と喜ぶ人なんて、どれだけいるだろう。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

 僕はどうもクールで怖い印象があるらしいです。20代前半までは優しそうな人ってよく言われたんだけど、年を取るにつれ無愛想になったんだろうかと思い、最近は人前で笑顔を心がけるようにしている。先日参加した研修会の様子がCATVで流れていて、たまたま見てたら、険しい表情をした僕が映っているではないか! まるで講師の先生をにらみつけるかのように(怖) 話しを真剣に聴いているとついつい笑顔を忘れるらしい。気をつけなきゃ、あれはいただけません。。。笑顔と感謝を心に刻もう♪

2011.07.12 Tue l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
 世の中に「希望」があるとすれば、それは世界が変わることではなく、自分が変わることにある。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 PTAで人権を学んで1年。何でも自分中心(自己中)の時代に、人権を考える事は周りに目をやり、人を思いやる事と気づかせたいただいも。そして周りに目をやることで、自分自身が変わっていく感触も得た。世の中には今も様々な形で人権侵害がはびこっている。しかし心のアンテナを立てて、ひとつひとつ知ることから始めれば、偏見や差別を無くしていくことは可能なのではないだろうか。世の中が悪いと嘆いていてもはじまらない。社会を変えたいのなら、まず自分自身が学び、変わらなければならない。たった一人の自分さえ変えられないのなら、世の中など変わるはずがないのだから。

2011.05.04 Wed l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
  長期的に見れば、品性が個人の人生や国家の盛衰においても、最も決定的な要因である。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 PTAの面白味は、一言で表現すれば「活動を通して様々な学びがあること」となるでしょうか。今年は人権部に属しているので、いろんな人権問題についてお話を伺ったりしていると自分の無知さを思い知らされますが、逆に学べば学ぶほど心地よい昂揚感も味わいます。

 PTAの現場では多くの矛盾にも出会いますが、自分は『PTA=ボランティア』を信念として、周りの雑音に惑わされないよう努めてきました。…ですが、そうは言っても気乗りのしない会議や行事に付き合わされるたびに「嫌々やらされるPTA活動で、いったい誰が幸せになるんだろう?」と自問してたんですが、その時やっと見つけた答えが、「ボランティアなんだから、やりたくないことはしない!」でした。もちろんベースには、PTAとして必要な活動は、自分に興味がなくとも相応の負担は引き受けるというのはありますけど。
 ただね、いきなり「これ、やりたくないから僕はやらない」なんて言ったんじゃ、人間関係がこじれる可能性大なので、役員を引き受けるときや年度初めに、最初から宣言しとくのがいいですね。「やりたくないことはしない」が組織全体に浸透したら、マンネリ化して意味のなくなった誰も必要性を感じないのに惰性で続けられている無駄な行事とかサッサと止められて、ずいぶんとPTAがシンプルになると思うんだけどな!

2010.07.27 Tue l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
  時間よりも危機感が欲しい。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


◆【注意】心臓の弱い人は読まないでください(笑)◆

たまには毒でも吐いてみようか。

学校の先生がよく言いがちな言葉に、「この学校の子どもたちは、みんな素晴らしいです」的な発言、ありますよね。PTAの会などで、校長先生なんかに挨拶させると、たいがい言いますね。聞いてる保護者もうなづきながら「うんうん、そりゃそうだろう」みたいな!
で、参観日とか行って子どもの実態を知るとビックリするよ。「こいつらの何処が素晴らしいんだ!」っていう意味で。
みんな人間なんだからさ、良いとこもありゃ、悪いところもあって当然なんだけど、「うちの学校の子どもたちは、こういうところが弱いとか、改善が必要だ」とか、校長の口から聴いたことがないな。そりゃ、素晴らしいですって言っときゃ、自分は何もしないで済むからな!
子どもたちの様子や校内の状況を冷静に分析して対策を提案する能力がないのなら、校長の資格はないと僕は思うんだが。

2010.07.22 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
  運命とは偶然の問題ではなく、選択の問題である。
  それは待ち望むものではなく、成し遂げるものである。

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 これまで子供の成長に合わせて、いろんな学校のいろんなPTAを見てきました。行きがかり上、ブロックPなどの上部組織にも関わった経験もあります。PTAの使命とか役割とか、本来は単純明快なものの筈ですが、長年の垢にまみれて硬直化した組織もたくさん見てきました。いろんな人が関わるのですから、それぞれにいろんな考えがあって、PTA活動もいろんなアプローチの仕方があっていいと思います。ただ、ときどき何がしたいのか、何を考えているのか、さっぱり解らない、あるいは言動が矛盾だらけの組織のリーダーに出会うことがあります。ときには全体がドヨ~ンとした得体のしれない雰囲気に包まれた組織もありましたね。
会長・副会長や専門部長など、PTAの役員を受けるということは、組織全体や、あるセクションのマネージメントの責任を負うということです。能力などは問われません。やる気さえ十分にあれば、あとは仲間が支えてくれるでしょう。

 ・・・ん? 文脈が意に反してポジティブになってきた(^^ゞ
 
 言いたかったのは、組織のリーダーには負うべき責任が存在するということ。
PTA会長など、「1年間じゃやりたいことができないから2年は続投するのがいい」とか言われることもありますが、そこは本人の決意と周りの意識の問題でしょう。1年やって何も変えることができなければ、それは力が足りないってこと。スパッと辞めた方がいい。長くPTAのリーダーに居座り続ける人がいますが、多くの場合、老害でしかありません。
ときどき、「お願いだから、やる気がないんなら辞めてくれ!」と、つぶやきたくなることがあって、憂鬱になります。。

 そんな中、今年のW高人権部とS高のPTA活動は、楽しくてアクティブでワクワクしてきます♪
PTA活動に参加することで、自分の中や周囲に何かしら変化が起こる予感がします。今までで一番充実しているかもしれません。本当に、ありがたいことです☆

2010.07.13 Tue l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
「夢」を捨てたら、会社や組織という「手段」に殺されてしまう。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 たぶんほとんどすべての単位PTAは、会員の納めた会費で運営されていると思います。会費の使い方(予算)は、事業計画とともに総会で承認された上で、その執行は役員に任されます。会費の支払いを拒否される方は、ごくごく一部を除いていらっしゃらないと思いますが、PTA活動に無関心な方って~のは結構な数いらっしゃるのではないでしょうか!? いわゆる『金は出すが口は出さない』ってやつです! サイレントマジョリティとも言えるのかもしれません。PTAの役員をやると、どうやってこの会員の方々を活動に巻き込んでいくのかっていう事が大きな課題としてのしかかってきます。経済学的な表現に置き換えれば、『顧客ニーズのマーケティングと組織のマネージメント』とでも言えるかもしれません。  

 一方、会員としては、支払った会費分くらいは対価としてリターンがないと無益ということになります。もちろん、ただ家に座っているだけで会費分のサービスが提供されるわけではありませんね。PTAの活動に顔を出す・口を挟む・協力するという行為が伴って初めてPTAの一員となり、子どもたちと共に成長する『共育』に繋がるのだと捉えます。そういう意味では、PTAをマネージメントする役員の方々には、どうやって一人でも多くのPTA会員の方を活動に巻き込み、支払われた会費分以上のサービスを会員に提供できるのかということが義務として問われているのではないかと考えています。

 サービスの提供と対価の支払いという点において、店と顧客は対等であり、サービスにふさわしい対価を支払う行為は、経済活動上、企業と消費者の義務です。教育やPTAに経済の論理を安易に持ち込むことは危険ではあると思いますが、もっとコスト意識を持った組織運営を心がけることと、会員のニーズをマーケティングすることは大事なのではないでしょうか。そこから新たな活動の道しるべが見つかるかもしれません。
2010.04.11 Sun l つぶやき l COM(2) TB(0) l top ▲
いい言葉を聞いた。 「厄年は躍年」なんだそうだ! 

素晴らしいポジティブシンキングである(笑)
 
・・・と、感激しながらよ~く考えてみたら、僕の厄は既に終わっていた!(爆)

どちらにしろ、全然気にしてなかったという事だ(^^ゞ

2010.03.07 Sun l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲
日頃お世話になり、こことリンクさせていただいている「よなご・まちづくり塾」のブログに、“パートナーシップ☆”という記事がアップされていました。“ほうき☆輝く未来フォーラム”のパネリストでおなじみ、米子のスーパーウーマン☆ゆう☆さんの記事です!

岩登りといえば命懸けの険しいスポーツというイメージですが、そこではもちろん心底信頼できるパートナーが必要とのこと。
そして、パートナーに恵まれるか否かによって人生が変わってくる。大切なのは信頼関係と結ばれています。
信頼関係が大切なのは親子関係、そしてPTA活動にも当てはまる話だと思います。

PTAの役員なんか押し付けられちゃうと、「頑張んなきゃ!」って一人で踏ん張って、結果的に空回りして尻すぼみで終わっちゃうケースなんかもありがちです。しかし、仲間を信頼し、助け合って歩んでいくことで、ともに成長でき充実した成果が得られるのではないでしょうか。時に意見が対立したって、むしろラッキー! 自分にない発想を教えていただいたことに感謝できます。
『色々と大変だったけど、良かった。終わってみると、なんか寂しいね。』 そんな思いに至れる活動ができたら、これに勝る喜びはないでしょう。

パートナーシップを大切に! 命懸けじゃない分、岩登りよりもイージーなはず!!(笑)


にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくりへ
にほんブログ村
2010.01.20 Wed l つぶやき l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。